歴史的低視聴率にあえぐ大河ドラマ『花燃ゆ』が禁じ手に手を出す決意を固めたと言われています。



ranking



[楽天市場]


[以下引用]


低視聴率スタートを切ることになったNHK大河ドラマ『花燃ゆ』に禁じ手指令が下されたという。



初回が16.7%で2回目が13.4%。この数字はひどいひどいといわれた松山ケンイチの『平清盛』をはるかに下回る視聴率だ。「『平清盛』の時ですら、1月中は17%台に踏みとどまったのに『花燃ゆ』はこの有様ですから。内容はいいと絶賛されていても、数字が伴ってこないので、カンフル剤をと、局内はバタバタですよ」とはあるNHK関係者。



 



そのカンフル剤として使用されるのが「裸」だという。かつて『八重の桜』の視聴率が下降傾向になったとき、それを救ったのが西島秀俊の見事に鍛え上げられた裸だった。「女性が主な視聴者層といわれているテレビ界では男性の裸はカンフル剤。今回の『花燃ゆ』は伊勢谷友介、東出昌大、高良健吾などイケメンぞろい。極秘に体を鍛えてくれとの指令が下ったそうです。吉田松陰の松下村塾は男の城みたいなもの。いざとなれば編集で差し替えをしてでも、ムキムキの体を見せ、話題にしても視聴率をとりにいくという姿勢のようです」と同関係者。



[リアルライブ]




カンフル剤=男の裸、またかという感じですが、ふつうに取り込んできそうですね、今のNHKなら。



※伊勢谷さん、力石徹役でギリギリまで減量した姿は迫力でした。



あしたのジョー スタンダード・エディション [DVD] -

あしたのジョー スタンダード・エディション [DVD] –



[Amazon]


『花燃ゆ』はプロデューサー自ら、「イケメンを意識した。女性が観ていて楽しい大河ドラマにしたい。今後も実力・人気・ルックスの三拍子がそろったイケメンを続々と登場させる」と明言していたくらいイケメン揃い。



大河版“花より男子”なんて言われているくらいですから、鍛え上げたボディを披露する役者には不足しません。



ということで、引用元によると、“それだけまだまだ『花燃ゆ』には潜在的な回復できる力をもっているのだが「裸はカンフル剤でもありますが、禁じ手ともいわれている。これで上がらなかったら次の手があるかどうか…」(前出の関係者)”とのこと。



なんかこの手の話を見るたび、女性ってバカにされてるんだなと。



イケメン出しておけば観るだろ?あれ、観ない…なら服脱げばOK?という流れが、本当に存在するんですかね。



まあでもそれより気になったのは、内容はいいと絶賛されていても」という点です。



これまで絶賛の声というのをあまり見たことがなかったもので…



 不満噴出!『花燃ゆ』の歴史的低視聴率の裏に「まるで少女マンガ」「役者かぶりすぎ」の声



批判の中身はいろいろですが、井上真央さんが10歳の少女を演じてるってどうなんですか?



アラサーの優香さんや180センチ以上ある東出昌大さんが10代前半というのも…



『江』で、当時25歳だった上野樹里さんが6,7歳の少女を演じたのも強烈でしたが、その理由を上野さんの子役嫌いに押し付け、周囲の反対を押し切り子役を使わずに自ら演じきってしまったなんて話がありましたが、実際にはどうだったのか。



 上野樹里が『江』の低視聴率対策の芦田愛菜再登板にブンむくれ



大河ドラマはNHKが一年間放送するものです。



しっかりした時代考証を元に、ファンがうなるような骨太の内容を放送してこそだと思います。



昔はサザエさん同様、日曜の夜の定番番組だったと思いますし、特に子供にとっては歴史への興味の入り口だったと思うのに、今は子供に観せる気にもなれないものばかり。



NHKの役割って、やっぱり視聴率をとることじゃないと思うんですけどね。



そういう意味があっての受信料なんじゃないんですかね。



といいつつ視聴率の話ですが、第三話は15.8%で第二話から2.4%の上昇ということで、とりあえずは息を吹き返したところです。



いやまさか、視聴率の計測器がある家の学会員がみんな大河を観たというわけではないでしょうが。



 実母が認めた!井上真央は祖母の代から生粋の創価学会員だった



まだ三話ですしね。これからおもしろくなることを期待しています。



ひらめき創価学会…なるほどだから



井上真央ってこうなのね→ reading geinou ranking



井上真央ってこうなのね→ ranking geinou reading



※朝ドラは好評でした



おひさま 完全版 DVD-BOX1【DVD】 -

おひさま 完全版 DVD-BOX1【DVD】 –



[Amazon]


※井上真央さんのブログはこちらから



芸能人ブログ全集



※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ



【最新ニュース】人気ブログランキング