コワモテなイメージのある長渕剛さんの素顔がとても意外だというお話です。



ranking



[楽天市場]




紅白歌合戦に3年ぶり4度目の出場を果たした長渕剛さん。



異例の新曲を歌うことにしたということに始まり、当日も、出てくるだけで「何かするんじゃないか」という危険なオーラをビシビシ出していました。



 長渕剛、紅白で異例の新曲披露「すげぇイイ曲できた。それ歌うから!」…関係者頭抱える



[以下引用]


大みそかの本番で多くの歌手が他のアーティストとコラボ登場する中、長渕はかたくなに拒否。自身の出番で新曲「明日へ続く道」を熱唱しただけだった。エンディングにも姿を現さず、途中退出したようだ。12月29~30日のリハーサルでも“らしさ”を見せつけた。29日の音合わせは当初、記者団の観覧はOKだったが直前で急きょNGに。30日は午後4時半ごろ、10人ほどのスタッフを引き連れ会場入り。サングラスをかけ「ドスドス!」といかつい音を立て、周囲を威嚇するように歩いた。音合わせ前には舞台裏で「オッス!」と奇声を上げて気合を入れ、ステージに上がった。



[東スポ]




長渕さんのイメージに合ったエピソードですね。



途中退出…というと、一昨年のEXILE ATSUSHIさんの件を思い出します。



こちらはスタッフの不手際で、本番中のイヤホンマイクがTAKAHIROさんのものと逆になっており、歌唱中TAKAHIROさんの声しか聞けなかったことに立腹した、という、まあ一応理由はあったわけですが、長渕さんの場合、怖いのは表だけで、実際はペコペコと頭を下げていたというから驚きです。



[以下引用]


NHK関係者はこう明かす。



「29日午後9時ごろ、音合わせを終えた長渕さんは20人ほどのスタッフに見送られ帰ろうとしていた。NHKホールを出て駐車場でサングラスを取ると、いきなり女性スタッフに笑顔で右手でハイタッチ。『ありがとうございました!』と深々と90度頭を下げたんです。“あの長渕さんが…”とドン引きしました」



礼儀正しくあいさつした長渕は、推定2000万円と言われる黒ボディーの愛車「アストンマーティン」に乗った。自らエンジンをかけ「ブオーン!」と高級スポーツカーならではのけたたましい音はカッコよかったが、徐行しながらUターンする際に「キキキッ」と自転車のチェーンの油切れのような音が漏れる。前出関係者は「ちょっとダサい、と思った」という。



[東スポ]




いやーきちんと挨拶しただけでドン引きされるなんて。



そもそも、上記リンク先にある、「Myself」を歌うことがほぼ決まっていたのに「昨日の夜にすげぇイイ曲できたんだよね。オレ、それ紅白で歌うから!」と強引に決めたという俺様的なエピソードを報じたのも東スポなんですけどねー。



どっちが長渕さんの本当の姿なんだかわかりませんが、あんまり適当なことを書きすぎると、長渕さんが東スポに抗議しに行くのではないかとヒヤヒヤしてしまいます。



やっぱり長渕さんは、そういう「何しでかすか分からない」ほうがイメージに合いますね…



※こちら、アストンマーチン



1/24 スポーツカーシリーズ No.316 1/24 アストンマーティン DBS 24316 -

1/24 スポーツカーシリーズ No.316 1/24 アストンマーティン DBS 24316 –



[Amazon]