中山美穂さんが「誤魔化しきれない本音」をツイートし、ネットでは疑問の声が噴出しています。



ranking



※確かに歌手でした



[楽天市場]


[以下引用]


中山美穂(44)が歌手として再スタートしたい偽らざる気持ちを自身のツイッターで伝えた。



大みそかのNHK「紅白歌合戦」で往年のライバル松田聖子が紅組のトリを取り、中森明菜がサプライズ出演する可能性も指摘されているなか、これに刺激を受けたのか中山が18日、自身のツイッターで驚きのコメントを発信。



「とにかく本当は歌いたいのかな。誤魔化しきれない本音くらいの」と、熱い思いを吐露した。「今更だけど、プロデューサーが必要です」と続ける。



[東スポ]




確かに、離婚が報じられる前、久々のCMで鼻歌を披露した際、息子さんがアイドル自体の自分をYouTubeで検索していることを明かしつつ、今後の歌手活動に意欲を見せてはいました。



しかしそのCMも、離婚が原因でギャラ不払い、裁判沙汰に発展していましたね。



 中山美穂、離婚が原因で裁判沙汰に!ついでにCMギャラも明らかに



この“プロデューサーが必要です”は何を意味しているのか…



東スポでは現在の恋人・渋谷慶一郎さんを指しているように書いていましたが、例えば元カノ・華原朋美さんに楽曲提供を申し出た小室哲哉さんのように、だれかが名乗りでてくれるよう誘っているような。



※渋谷さん、音楽家ですが…



渋谷慶一郎+東浩紀 feat.初音ミク/イニシエーション 【CD+DVD】


渋谷慶一郎+東浩紀 feat.初音ミク/イニシエーション 【CD+DVD】




[関連商品]


これに対して、ネットでは「えっ!?歌ド下手だったのに?」「需要なし」の声が多くあがっています。



「往年のライバル」として名前の挙がった松田聖子さんや中森明菜さんに対しても失礼だろうと…。



確かに、松田聖子さんや中森明菜さんとは世代も実力も違うような。途中から更に声が出なくなった記憶があります。



そんなに歌!歌!とアピールするほどではなかったと思うんですよね。



こちらでも「うまい」とは触れられていませんし。



 昭和アイドルの歌唱力高すぎてワロタwww



加えて不評なのが、「まあ私がいくら影響力がまだあったとしても、寒いーと言われるのが関の山だし、実際寒いからね。街で見かけたら普通に声掛けて下さいね」というツイート。



引用元の東スポには「44歳の再始動は少々、ハードルが高いことも自覚しているようだ。」とありましたが、意味がよくわからないんですよね。



前後を見ればわかるかと思ったのですが、中山さんのツイッターは鍵がついてしまってわからず。



中山さん、先日渋谷さんと出会う前から離婚を意識していたと話していました。



 火に油を注ぎ続ける中山美穂、「好きな人ができてもできなくてもいずれは離婚していた」



それならそれで、離婚前、パリと往復して仕事をしていた間にもう少し何ができたのではと思います。



不倫と親権を放棄してまでの離婚をした後では、いろいろ厳しいのでは…



ひらめき同居男性に包丁を持って追いかけられた!



中山美穂の悲惨な過去いろいろ→ ranking reading



中山美穂の悲惨な過去いろいろ→ reading ranking



※ものすごいことが書いてあります



なぜならやさしいまちがあったから/中山美穂


なぜならやさしいまちがあったから/中山美穂




[関連商品]


※渋谷慶一郎さんのインスタグラムはこちらから



芸能人ブログ全集



※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ



【最新ニュース】人気ブログランキング