ミムラさんの元夫である指揮者の金聖響さんが2億円の借金トラブルを抱えていると週刊文春が報じています。

被害者はなんと200人。その中には織田裕二さん、大泉洋さんなど有名人も多くいるんだとか…

ranking

佐村河内守「交響曲第1番‘HIROSHIMA'」CD

佐村河内守「交響曲第1番‘HIROSHIMA'」CD
価格:10,000円(税込、送料別)

[楽天市場]



全聾の作曲家・佐村河内守氏にゴーストライターとして新垣隆さんがいたことが明かされたのは今年2月のことでした。

 佐村河内守のペテン師ぶりが呆れる。高橋大輔使用楽曲「ソナチネ」の演奏者家族への絡みぶりなど裏の顔をゴーストライター新垣隆が明かす

[以下引用]

今回、「週刊文春」のさらなる取材で、この「佐村河内守」の名を利用して寸借詐欺まがいの借金を繰り返す有名指揮者がいることが判明した。

問題の人物は、金聖響氏(44)。佐村河内氏が作曲したと偽っていた「交響曲第一番HIROSHIMA」の全国ツアー(ゴースト問題発覚後は中止)でメイン指揮者だった人物だ。

気鋭のイケメン指揮者として、また女優・ミムラ(30)の元夫として知られる金氏だが、「ここ数年は、借金と女グセの悪さで周囲に呆れられています。楽団員、関係者、そしてファン……。誰彼かまわず借金をし、返済滞納を繰り返しているんです」(音楽プロデューサー)。

これまで金氏に金を貸した人は200人ほど、借金の累計総額は2億円を超えるとみられている。「週刊文春」が確認した金氏からのメールには、〈HIROSHIMAのツアーのギャラがもうすぐ振り込まれるから、それまで30でも50でも無理ですか?本当に困ってます〉などと記されていた。

被害者には有名人も多数含まれている。

俳優の織田裕二さんや大泉洋さん、乙武洋匡さんやピアニストの山下洋輔さんにも借りていました。織田さんや山下さんには既に返済が済んでいるといいますが、まだ一銭も返ってこないと言っている“有名人”が山ほどいます」(前出の音楽プロデューサー)

[週刊文春]



金さん本人への取材は返答がなかったとのことですが、父親が「残念だし申し訳ないと思いますけど、何とも致しかねます。返済は絶対させます!」と答えたということなので、借金は事実なんでしょうね。

ミムラさんとは2005年にフライデーされ、2006年11月に結婚。14歳の年の差で話題になりましたが、2010年10月に離婚しています。

※出会いの2005年の作品

この胸いっぱいの愛を

この胸いっぱいの愛を


[関連商品]

離婚理由は、仕事が忙しくなったミムラさんと、海外での仕事が増えた金さんとの間で気を遣うことが増え、気兼ねなく仕事にまい進するため、と発表されていました。

金さんは離婚前年の2009年11月にはベルギーのフランダース交響楽団主席指揮官への就任が発表されていましたから、離婚もやむなし、という感じではあったのですが。

wikiによると、金さんは在日韓国人3世で、14歳で渡米し、1992年にボストン大学哲学科卒業、1995年にニューイングランド音楽院大学院指揮科マスター課程修了、1997年にウィーン国立音楽大学指揮科で湯浅勇治氏、レオポルド・ハーガー氏に師事。タングルウッド音楽祭に奨学聴講生として参加し、小澤征爾氏らに師事、神奈川フィルハーモニー管弦楽団の常任指揮者経験など、素人目にはなんとも立派な経歴に感じるんですけどね。

それが、200人以上から2億円以上の借金。

生活の乱れが悪評となり、今では指揮者としての仕事が激減しているそうです。

ちなみにミムラさんは昨年一般人男性と再婚しています。

元夫がこんな風に話題になるなんて、残念でしょうね。

※元妻・ミムラさんのブログはこちらから

芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ

【最新ニュース】人気ブログランキング

ひらめき今旬ナビ!最新記事はこちら



◆◆◆ 関連ニュース ◆◆◆

佐村河内守が国民的美少女と不倫の過去!小田茜との知られざる関係

◆◆◆ 気になるニュース ◆◆◆

【芸能】なぜかネット上で人気がない有名人ランキング