先日、スポニチが“出場当確”の一報を出したジャニーズ・V6に対して、演歌界からは恨み節が聞こえてきているとか。特に、ブレイク前の若手演歌歌手陣営からは「北島三郎さんに戻ってきてもらわないと」といった悲鳴が上がっているといいます。

ranking

※演歌界のためになんとかしてあげて…

[楽天市場]



[以下引用]

昨年を最後に演歌界の大御所・北島三郎が紅白を卒業した。

「そのタイミングにあわせるかのように、NHKの芸能番組部も大幅な人事異動があった。トップに来た人材が大の演歌嫌いで、北島さんという重石もなくなった。紅白がどうなるかと思ってみてましたが、演歌界は完全縮小方向でしょう」(音楽関係者)

さらに、最大の懸念はV6の当確だとか。

「長年、ジャニーズはSMAPとTOKIOだけだった。『KinKi Kids』が出たときも出場歌手という枠組みではなく、ゲスト扱いだった。ジャニーズも他とのバランスを考えて、出場枠を抑えてきたのに、そこに嵐が入って、NYCなど若手枠。加えて関ジャニ∞と5組まで膨れ上がった。そこに加えてV6ですからね。こうなってしまえばジャニーズ番組みたいなものですよ。一度勝ち取った枠はジャニーズだってそう離しませんよ。北島さんが卒業した演歌枠はなくなったのも同然です。こうなってしまえば力をつけ始めた若手演歌歌手など入りようもありません。北島さんがいれば、苦言の一つも言って、ここまでジャニーズの数を増やさせるようなことはなかっただろうに嘆きが出てますよ」(前同)

[リアルライブ]



北島三郎さんの紅白引退は、てっきりその枠を娘婿の北山たけしさんに譲るためだと思っていました。

 北島三郎、紅白出場は今年が最後!北山たけしに出場権を譲りたい

演歌界のプリンス・氷川きよしさんも今年はどうなるか危ういところ。

 氷川きよし、暴力事件の示談成立も紅白出場に黄色信号?

そんな中、ジャニーズからSMAP、TOKIO、V6、嵐、関ジャニ、SexyZoneが出場して、さらに白組司会が嵐、大トリがSMAPだったりしたら、完全にジャニーズ番組になっちゃいますよね。

ジャニーズが派閥関係なく出る分ちょっと豪華なくらいで、民放のベストヒット歌謡祭やらFNS歌謡祭やらと大差なくなるような。

※初出場となるV6のパフォーマンスはぜひ見たいですが。

HOLD UP DOWN V6 photographs -
HOLD UP DOWN V6 photographs –

[関連商品]

大晦日の紅白と言ったら一年の締めくくりの風物詩ですし、昔から多くの日本人が楽しみにしている番組。

いくら時代が移り変わろうと、NHKの担当者が演歌嫌いだろうと、老若男女問わず誰もが楽しめるような番組を作り上げるのは、公共放送であるNHKの“義務”でもあると思います。

それなのに、芸能事務所の利害関係や関係者の趣味趣向で偏った内容になるというのは、本末転倒だと思うのですが…

ちなみに、音楽業界にとって冬の時代と言われる昨今にあって、CDが10万枚、20万枚と売れている若手演歌歌手もいるそうです。

この数字はTOKIOなんかよりもずっと上ですし、多種売り&特典商法で枚数だけ稼ぎまくっているアイドル系の歌手と比べれば、かなり頑張っていると思います。

※だって和田アキ子さんのこちらは348枚。

和田アキ子/人生はこれから

和田アキ子/人生はこれから


[関連商品]

イケメン演歌歌手として注目されている山内恵介さんなんて、AKB以上となる年間120日も握手会を開催していて、おばちゃんたちから熱狂的な支持を受けています。

ひらめきある意味、ジャニタレよりずっとイケメンなのでは?

 イチオシ若手演歌歌手まとめ→ geinou reading geinou ranking

 イチオシ若手演歌歌手まとめ→ geinou ranking geinou reading

また、芸能マスコミからも「ジャニーから6組なんて、これでは白組ジャックどころか、紅白がジャニーズに乗っ取られたようなものだ」という声が…

[以下引用]

「NHK関係者が今年の目玉として出演をオファーしていたとも報じられていますが、どうでしょうか。今年11月から、V6のCDデビュー20周年メモリアルイヤーということで、ジャニーズ側としても大プッシュしたかったはず。メンバーの井ノ原快彦は、紅白の総合司会に決まっている有働由美子アナとNHK『あさイチ』の司会を担当しているし、岡田准一は大河ドラマ『軍師官兵衛』の主演。長野博はBSプレミアム『晴れ、ときどきファーム!』、三宅健もEテレ『みんなの手話』出演と、ほぼ総出。NHKへの貢献度は高い。それにくらべれば、歌手としての活躍うんぬんとか、お茶の間への浸透度なんて二の次なんですよ」(スポーツ紙芸能デスク)

[日刊ゲンダイ]



6人中、出ていないのは坂本昌行さんと森田剛さんだけですか。すごいですね、このV6の総出ぶり。

ここまで来ると、V6は20周年のこの年に紅白に出るために、すべて調整してきたように思えてしまいます。

ちなみに紅白選考の基準は『その年の活躍』『世論の支持』『番組の企画演出との合致』の3点だそうですけど、どれにも当てはまってないような気がするのは…気のせいでしょう ^^;

さて、例年通りなら紅白出場者の発表は連休明けくらいでしょうか?

既に浜崎あゆみさんの落選は確定していますが、和田アキ子さんは…なんだか今年も出そうな気が。

 和田アキ子ついに紅白落選!「今年は神風は吹かない」NHK紅白関係者が断言

どんな顔ぶれになるのか注目したいです。

※こっちのほうが面白かったりして。

桑田佳祐/昭和八十八年度! 第二回ひとり紅白歌合戦(DVD)

桑田佳祐/昭和八十八年度! 第二回ひとり紅白歌合戦(DVD)


[関連商品]

※若手演歌歌手のブログはこちらから

芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ


“http://blog.with2.net/link.php?1079699” target=”_blank”>【最新ニュース】人気ブログランキング


ひらめき今旬ナビ!最新記事はこちら