現在NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』やTBS『ルーズヴェルト・ゲーム』に出演中の江口洋介さんがワガママ過ぎると報じられています。『軍師官兵衛』では織田信長を熱演中ですが、あまりの役者バカぶりに現場スタッフたちも困惑しきっているんだとか。

ranking

※役者バカといえば、の織田裕二さんと双璧をなすとまで。

[楽天市場]



江口洋介さんは昨年夏、『救命病棟24時』をドタキャン降板したと報じられました。

その理由は以下の2つが報じられていました。

・監督の人選や脚本への不満ではなく、本当はあまりの多忙さにキレていた説

・松嶋菜々子さんとのW主演という脚本にキレた説

どちらにしても江口さんサイドの主張が通らず降板したということで、それ以来、江口さんには“わがまま俳優”というレッテルが貼られてしまったんだとか。

ひらめき江口洋介と森高千里の馴れ初めと家庭での様子

 意外です…→ ranking reading reading ranking

※わがまま二大巨頭の共演作です。

湘南爆走族

湘南爆走族


[関連商品]

そしてそのレッテル通り、大河の現場でもワガママを発揮していると言うのです。

[以下引用]

クランクインからセリフ変更の要求をしたり、立ち居振る舞いを何度もプロデューサーに進言してその都度、撮影がストップするなど噂通りの熱血役者。先日、腰痛で3日間撮影を休み、全ての撮影スケジュールが大幅に変更になりましたが、復帰後もその姿勢は変わらず、共演者もさすがにイライラしてましたね。現場からも『撮影が遅れているのに…』とため息が漏れていました」(制作関係者)

今や業界ではあの織田裕二と双璧をなしているといわれるほど、台本や演技に対してこだわりが強い。しかし「軍師官兵衛」は主演作ではなく、さらに大勢の俳優が出演していることからチームワークへの配慮も大切だ。

「江口さんの撮影日は押すことが予想されるので、スタッフは食事もままならない。それを見越してなのか、江口さんの差し入れはサンドイッチや手軽に食べられるものが多いです(笑い)」(前出の関係者)。

一応の気配りはできているようだが…

[東スポ]



なんだか以前報じられた女性自身の記事の焼き直しのような内容です。

 江口洋介が椎間板ヘルニアに!『軍師官兵衛』の撮影を3日休んだ後はコルセットを巻いて撮影強行!

まあ、主演じゃないのに…というのもわかりますし、程度にもよるかなと思いますが、主演じゃないからと適当に演じていたらどうなるんでしょうね。

いつもこういう記事を見ると思うのですが、役者はお人形ではないですし、役者と制作どちらがエライというものもないと思います。

それに、視聴率が悪かった場合に批判の矢面に立つのは役者です。

NHKの連続ドラマで注目を役者のステータス&ギャラのアップに直結しているとも言われていますし、大河という舞台で役者さんが納得の行く演技をしたいというのも分かります。

スタッフを含め、一緒に演じる共演者たちへの配慮もあったほうがそりゃ人間関係は円滑ですから、すべてはバランスだとは思いますが…

そんな現場の『軍師官兵衛』、これまでの平均視聴率は15.93%ですが、GWの視聴率は12.3%と最低記録を更新してしまいました。

ゴールデンウィーク期間中に視聴率を下げるのは毎年恒例なので、来週以降の巻き返しに期待したいですね。

※熱血もほどほどに…

NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」完全読本 (NIKKO MOOK) [ムック] / 産経新聞出版 (刊)

NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」完全読本 (NIKKO MOOK)

[関連商品]

ちなみに、江口さんが重要な役で出演している日曜夜のTBS「ルーズヴェルト・ゲーム」ですが、こちらも池井戸ドラマ&「半沢直樹」スタッフ結集と期待された割には、第2話が11.8%と苦戦気味。

こちらは名作「白い巨塔」でも共演した唐沢寿明さん主演ということで、江口さんも気を遣っているのか、今のところはサゲ報道は聞こえてきません。

ですが、このまま低空飛行が続くようだと、現場スタッフからも不満が漏れてくるかも…

内容は面白いだけに、こちらも浮上のきっかけを掴んで欲しいですね。

ひらめき岡田准一が軍師官兵衛にハマりすぎてフジが困惑…

 いったい、どうした!?→ geinou reading geinou ranking

 いったい、どうした!?→ geinou ranking geinou reading

白い巨塔 DVD-BOX 第一部 / 唐沢寿明, 江口洋介, 黒木瞳, 矢田亜希子, 水野真紀 (出演); 山崎豊子 (原著); 井上由美子 (脚本)
(   大学病院に渦巻く人間模様を鮮やかに切り取った山崎豊子による同名小説の映像化は、映画とテレビを含めると実にこれが5度目となる。とりわけ、田宮二郎が主演した1978年版はテレビドラマ史に残る金字塔なだけに、それから25年ぶりとなるリメイクにはいささか不安もあったが、冒頭の手術シーンからいきなりに釘付け。一気呵成に見せきる語り口のうまさにはただただ圧倒的されるばかりで、えげつないまでの権力闘争と医療のあり方についての真摯な問いかけとが交錯する“白い巨塔”の世界に、瞬く間に引き込まれてしまうこと受け合いだ。<br>    1話から10話までの第1部では、浪速大学医学部第一外科の教授選がドラマの焦点に。その座を狙う助教授の財前(唐沢寿明)と、そうはさせじと画策する現教授の東(石坂浩二)の両陣営が繰り広げる激しい選挙キャンペーンに、読み物的なおもしろみは回を追うごとに高まっていく。『白い巨塔』が時代を超えて理屈抜きに楽しめる稀有な作品であることは、話の先を知っている人ほど再認識させられるのではないだろうか。財前とは水と油の病理学教授・大河内を演じる品川徹を筆頭に、色のついていないフレッシュなキャスティングもいい。あざとさと繊細さと華麗さとが折り重なり合う怒涛の展開に、いやが応にも第2部への期待感を抑えられなくなる。(麻生結一))

” />


白い巨塔 DVD-BOX 第一部

[関連商品]

※江口洋介さん、森高千里さんのブログはこちらから

芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ

【最新ニュース】人気ブログランキング

※当記事は芸能スクープ、今旬ナビのものです。無断コピーは禁止します。

ひらめき今旬ナビ!最新記事はこちら



◆◆◆ 関連ニュース ◆◆◆

森高千里の復活の裏に江口洋介の視聴率低迷と夫婦不仲説

「ごちそうさん」の成功で杏のギャラが超高騰!

井上真央の大河ドラマ抜擢はみずほ銀行のNHKへの圧力が理由

◆◆◆ 気になるニュース ◆◆◆

人生で一番ヤバかったこと

最初のが強烈すぎる…

松本人志、愛娘を木村拓哉の娘と同じインターナショナル校へ

ヴァイオリンも習わせる?

元シブがき隊の子供たちが皆なんだかスゴイ件

NBAを目指してるって、凄いですね

◆◆◆ ヤフオク注目商品 ◆◆◆

江口洋介 森高千里