大ヒット中のドラマ「半沢直樹」に続いて同じ枠で放送される木村拓哉さん主演「安堂ロイド~A.I. know LOVE?~」に、AKB48の大島優子さんの出演が決定したそうです。

さすがキムタクドラマ、高視聴率獲得に向けキャスティングは万全と思いきや、40歳のアンドロイドと32歳の柴咲コウさんのラブストーリーであることに加え、設定がまるでドラえもんのパクリだということで、始まる前から「大コケ必至」「キムタク神話は終わった」との声が…

ranking

※国民的アニメをパクるとは…

[楽天市場]



[以下引用]

同ドラマは、愛する人を命賭けで守るために100年後の未来からやってきたロボットの安堂ロイド(木村拓哉)と、現代の女性・麻陽(柴咲コウ)の時空を超えたSFラブストーリー。ロイドの登場シーンではなんと、ドラえもんのごとく“机の引き出しの中”から現れるという。

“コンセプト/設定協力”にアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の監督・庵野秀明が参加していることでも話題の同作だが、すでに「タイトルからしてやばそう」「寒いドラマになりそう」「内容がマニアックすぎる」といった声が上がっている。

[日刊サイゾー]



企画当初はプロデューサーも「まごうことなきラブストーリーにしていきたいです。もちろん、てっぺんを狙います」と強気の発言をしていたというのですが、週刊文春によると、今の現場には悲壮感が漂っているそうです。

番組公式Twitterでは「どこへ行っても、半沢の後は大変ですね、と励まされる」「皆さんが感じているような『寒い』ものにしない(中略)あの二人のキャストがこの企画に乗ってくれた責任を背負って頑張ります」と発言をしています。

ひらめき「半沢直樹」ってなんでヒットしたの?

みんなでマジメに考える → ranking reading reading ranking

しかし、そもそも「安堂ロイド」という名前が寒い上に、柴咲コウさんの部屋の引き出しから出てくるって…コメディなんですかね?

キムタク自身も今回のドラマには一抹の不安を覚えているようで、8月23日のラジオ「木村拓哉のWHAT’S UP SMAP!」では、台本を読んだ感想を次のように話していました。

[以下引用]

「正直なところ大丈夫かなというのもあるし、本の内容を読んでいくと、映像になってみないと分かんねーよっていう部分がめっさあるんですよ!」

「あの時間帯にTBSでテレビドラマで、この内容をやるということは、ある意味すごい挑戦だと思う」

「これは形になってみないと分からない未知数の部分が非常に大きいですね」

「どういうふうに撮るのかなあ。非常に壮大な世界観になっているので、楽しみっちゃあ楽しみ」

[週刊文春]



キムタクの微妙な心境が伺えますね…

さらなる不安要素が、これまでTBSのキムタクドラマを支えてきた福澤克雄さんと石丸彰彦さんの不在です。

特に福澤さんは今、「半沢直樹」の演出担当として注目を集めていますが、お二方とも過去、「華麗なる一族」や「MR.BRAIN」「南極大陸」など数々のキムタクドラマに関わってきたものの、今回はノータッチとのこと。

※最終回ではJNN各局で開局以来の新記録を続出し、関西では視聴率39.3%を記録

華麗なる一族 DVD-BOX / 木村拓哉, 鈴木京香, 長谷川京子, 山本耕史, 山田優 (出演); 山崎豊子 (原著); 橋本裕志 (脚本)
(   2007年1月~3月、TBS系日曜劇場で放映された木村拓哉(SMAP)主演の愛憎ドラマ。原作は、山崎豊子による同名小説。毎回20%を超える高視聴率を誇り、最終回では実に最高視聴率39.8%を獲得、同時期の他ドラマの脅威となった作品である。舞台となった万俵家のセットは、屋敷の絨毯など細部に至るまで最高級品を用い、嘘偽りなく“華麗”な世界を現出してみせたことも、人気の秘密と言えよう。生き馬の目を抜く金融社会で、父との葛藤に悩みながらも力強く生きる万俵家長男・鉄平役を、木村が抜群の存在感で演じ、また、鉄平の実父でカリスマ的な頭取・大介役を北大路欣也が貫禄たっぷりに見せている。長谷川京子、鈴木京香らによる、女性ならではの駆け引きや心の揺らめきもきめ細かく描かれており、見ごたえ抜群の物語。(みきーる))

” />


華麗なる一族 DVD-BOX / 木村拓哉, 鈴木京香, 長谷川京子, 山本耕史, 山田優 (…

と、まあマイナス要素ばかり注目されていますが、すこーし明るい話題として、大島優子さんの出演も内定したといいます。

[以下引用]

「あくまでもヒロインの柴咲さんを立たせるため、大島さんの出番はそこまで多くはないようです。しかし、キーパーソン的な役柄だと聞きます。大島さんの演技力について、一部では『過剰』『ねちっこい』といった声もあるようですが、『神様のベレー帽』ではすっかり女優ぶりが板についてきたともっぱらです」(芸能記者)

[日刊サイゾー]



「神様のベレー帽」は、草彅くん主演で大島さんがヒロインを務める「神様のベレー帽~手塚治虫のブラック・ジャック創作秘話~」(9月24日放送予定)のことです。

 週女の暴露ネタは「神様のベレー帽」の番宣だった?

「安堂ロイド」には他にも超大物ゲストがたくさん出てくるという話もありますね。

正直なところ、大島さんが出るからどうしたという気持ちもありますが^^;

キムタクがホームレスを演じると話題だったフジの月9『Priceless』も、始まる前は酷評三昧でしたが、あれはキムタクのキャラにも合っていて良かったと思います。

「まごうことなきラブストーリー」といっても、昔よくあったようなベタベタな感じではなさそうですし、

「CGを多用して映画並みの迫力を出す」という意気込みと合わせて、ドラマの制作陣とTBSに期待したいですね。

ひらめき大人気「半沢直樹」にドラマ好き女子が不満爆発

なぜならアレがないから→ ranking

なぜならアレがないから→ reading

なぜならアレがないから→ reading

なぜならアレがないから→ ranking

※最終回で37.6%の視聴率を叩きだしました。

GOOD LUCK!! DVD-BOX / 木村拓哉, 堤真一, 柴咲コウ, 内山理名, いかりや長介 (出演); 山下達郎 (その他); 井上由美子 (脚本)
( 木村拓哉扮する若き国際線旅客機の副操縦士を主人公に、パイロット、CA、整備士といった空に熱い思いをはせる人々の人間模様を描いた超話題作。子どものころから憧れていたパイロットになる夢をかなえた新海元(木村拓哉)は、現在キャプテンを目指して、コーパイと呼ばれる副操縦士を務めている。そんな新海と事あるごとに衝突する整備士の歩実(柴咲コウ)もまた、飛行機に対する思いでは決して彼に引けをとらず…。<br> オープニングから急発進すると、その後の展開への期待感はいきなり最高潮へ。ドラマにいったん乗りこんだら最後。ゴージャス極まりないタイトルバックに至るまで、一気呵成に見せきるテンポのよさは実に爽快だ。単なるオールスターキャストのドラマにとどまらない、主人公にさまざまな試練を与えるあたりのビターテイストは、脚本家・井上由美子の面目躍如たるところ。冷静沈着で仕事に厳しい完璧主義者、香田(堤真一)と新海との男と男の熱きぶつかり合いは、とりわけ必見!(麻生結一))

” />


GOOD LUCK!! DVD-BOX / 木村拓哉, 堤真一, 柴咲コウ, 内山理名

[関連商品]

※柴咲コウさん、大島優子さんのブログはこちら

芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ

【最新ニュース】人気ブログランキング

当サイトのコピー・複製はご遠慮ください。

ひらめき今旬ナビ!最新記事はこちら



◆◆◆ ヤフオク注目グッズ ◆◆◆

木村拓哉 柴咲コウ 大島優子 AKB48

◆◆◆ 関連ニュース ◆◆◆

木村拓哉が引っ張りだこ!TBS,NHK大河,フジ月9で主演ドラマが内定済み

木村拓哉「安堂ロイド」は高視聴率連発の半沢直樹超えなるか