一大ブームを巻き起こしているNHK連続テレビ小説「あまちゃん」。挿入歌「潮騒のメモリー」はロングヒットの兆しを見せ、方言「じぇじぇじぇ」が流行するなど勢いはまだまだ続きそうですが、その一方で、ヒロインを務めた能年玲奈さんの先行きに一抹の不安があるようです。

 → ranking

※永久保存版です。

[楽天市場]



[以下引用]

問題は次でしょうね。朝ドラでブレークした女優が全員人気を維持できるわけではないですから。人気をそのまま維持していくのはかなりハードルが高いですよ。一歩間違えれば『そういえばいたねえ』という女優に成り下がりますからね」と芸能プロ関係者。

「梅ちゃん先生」の堀北真希(24)や「おひさま」の井上真央(26)のように、すでに代表作や実績がある女優ならば、朝ドラフィーバーも箔がつく程度と考えればいいだろう。

だが「昨年『純と愛』でブレークした夏菜なんかは、朝ドラが終わった次のクールで民放の連ドラのヒロインになりましたけど、泣かず飛ばずで、一時のフィーバーはどこへやらという感じだし、『てっぱん』で主演した瀧本美織もそれ以降これといって話題作には当たらないですからね」と同関係者。

近年、ブレークをそのまま維持できた女優は「ゲゲゲの女房」の松下奈緒(28)くらいだという。

「あれは、戦略がうまかった。すぐに連ドラに入らず、朝ドラのイメージをうまく利用して、CM展開できたというところが良かったんでしょう」(同関係者)

※こちらのゲゲゲはクドカン&吹石版です。

【DVD】ゲゲゲの女房/吹石一恵/宮藤官九郎 フキイシ カズエ/クドウ カンクロウ

【DVD】ゲゲゲの女房/吹石一恵/宮藤官九郎 フキイシ カズエ/クドウ カンクロウ


[関連商品]

そこで、能年の気になる次回作だが―

「ネットで噂になっているのが、10月からスタートするKAT-TUNの亀梨和也が主演する『東京バンドワゴン』のヒロインですが、そこには多部未華子の名前が入っている。能年の次回作はフジテレビが抱えたなどの噂もありますが、出てもゲスト出演程度で抑えられそうです。1クール(3か月)くらいクールダウンの期間を置くのではないかといわれています」(事情通)

[東スポ]



ということですが、瀧本美織さん、いましたね~

2010年後期に放送された「てっぱん」は最高視聴率23.6%:平均視聴率17.2%と、2004年以上は20%を切ることが当たり前となった朝ドラにしては上々の数字を達成しました。

その後は2011年7月クールの「美男ですね」でジャニーズの藤ヶ谷さん、玉森さんらと主演を務めましたが、結果は期待はずれ。

昨年のAKIRA主演「GTO」で重要な役を演じたり、今年は「風立ちぬ」や「貞子3D2」といった映画にも出演しているのでそれなりに活躍はしていますが、大ブレークとまでは言えない微妙な感じです。

それを考えると、今は「じぇじぇじぇ」の強烈なイメージがある能年さんが、その熱が冷めやらぬうちに全く違う役をやらせるというのは、かなりリスクが高いのかもしれません。

ひらめき不思議キャラ大爆発!!

 能年玲奈まとめ→ geinou reading geinou ranking

 能年玲奈まとめ→ geinou ranking geinou reading

※歌手だったらイケるかも?

暦の上ではディセンバー [Single, CD+DVD, Maxi] / ベイビーレイズ (CD - 2013)

暦の上ではディセンバー [Single, CD+DVD, Maxi] / ベイビーレイズ (C…

[関連商品]

そして、それを分かっているのか、厳しい芸能界を生き抜いてきた母親役の小泉今日子さんも、彼女に的確なアドバイスを送っているようです。

[以下引用]

8月13日、この日は先日クランクアップした「あまちゃん」の打ち上げが行われ、朝まで続いた宴は大盛り上がり。出演者の80年代の懐かしの映像が流されたり、ドラマにも登場する鉄拳のパラパラ漫画芸や、“あまちゃんバンド”の演奏も披露される中、2次会の〆となるスピーチで能年玲奈は次のように宣言した。

「撮影の間、ずっと幸せでした。皆さん、本当にありがとうございました。私、“あまちゃん2”をやりたい!是非ともお願いします!」

ところが、ノリノリの能年とは対照的に、母親・春子役の小泉今日子はこうダメ出ししたという。

「あなた、もうあまちゃんのことは忘れなさい!」

[週刊文春]



うーむ、キョンキョンまでそう言うんですから、やっぱり放送終了後に半年ほどのクールダウン期間は取ったほうがいいのかもしれませんね。

ひらめき「純と愛」後、イマイチパッとしない夏菜はプライベートでも…

 踏んだり蹴ったり→ ranking reading reading ranking

そして、その後にどのタイミングでどんな役をやらせるのか…来年始めくらいが、彼女にとって本当の正念場になりそうです。

※ちなみに年末年始の特番やスピンオフの可能性はあるようです。

あまちゃんファンブック  おら、「あまちゃん」が大好きだ! [単行本] / 扶桑社 (刊)

あまちゃんファンブック おら、「あまちゃん」が大好きだ!

[関連商品]

※能年玲奈さんのブログはこちら

芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ

【最新ニュース】人気ブログランキング

当サイトのコピー・複製はご遠慮ください。

ひらめき今旬ナビ!最新記事はこちら



◆◆◆ 関連ニュース ◆◆◆

「あまちゃん」能年玲奈と「ぴんとこな」川島海荷の立場が大逆転!

小泉今日子が能年玲奈にダメ出し!「あまちゃん」続篇の行方はどうなる?

熱愛発覚!綾野剛が「愛ちん」と呼ぶ橋本愛。落合モトキとは破局?

◆◆◆ 気になるニュース ◆◆◆

【閲覧注意】整形大国韓国で、“永遠の笑顔”を手に入れるための「口角切開術」が流行中らしい…

!!!

半沢直樹の視聴率すげーwwwww

【画像】 嵐・松本潤のハグしない器の小ささwwwwwwww