フジテレビを退社しフリーアナウンサーになった長谷川豊さんが、古巣・フジテレビへの攻撃をやめません。

フジテレビには、日テレの山岸舞彩さんのセクハラ騒動を上回る酷いセクハラがあると暴露しています。

ranking

※みなさん、大変な思いをしているんですね。

[楽天市場]



[以下引用]

 ――「ZERO」のプロデューサーが山岸にセクハラしていた騒動が6月に発覚した。フジは?

 長谷川:あんなもんじゃないですよ! Xという元番組プロデューサーは評判が最悪。彼はA(現役人気女子アナ)の胸を僕の目の前でモミまくったりしてたんです。で、「Aは胸ねえな!」って暴言まで吐いて。B(退社した人気女子アナ)に対しても同様で、C(退社した超人気女子アナ)も食らったんじゃないかな。D(退社したベテラン女子アナ)なんかオッパブに連れて行かれたんですよ。

※退社した人気アナ、超人気アナって…まさかこの二人?

かみさまでもえらべない。 / Early Morning

かみさまでもえらべない。 / Early Morning


[関連商品]

 ――山岸はしつこく誘われていたようだが、確かにその比じゃないと

 長谷川:X氏と番組で一緒になった女性スタッフは全員やられた。あるスタッフは、スカートの下から手を入れられ(その状態から手を上へ這わせて)胸をもまれた。その子とは裁判寸前になったと聞いている。それを避けるため、X氏は別の部署に飛ばされた。

 ――一件華やかに見えるが、ウラは過酷なのか

 長谷川:ある部署には、新入社員の中でも抜群にかわいい子が毎年入ってくるんです。で、その子は陰で「いけにえ」と呼ばれ、連日のように得意先との接待に駆り出される。ほんと、セクハラがひどい。下品。一般企業の人がフジに一日入社したら、目を疑わんばかりの光景が広がってると思う。東スポの男セン担当の人たちの方が、由緒正しくやってると思う! テレビ局はウラで、セクハラの雨嵐なんです。ただ、それでくじけるようじゃ女子アナはやってられない

[東スポ]



それでくじけるようじゃ女子アナはやってられないって…なにか間違ってませんか?

そういう現場を目にした長谷川さんは、どう対応していたんでしょうか。

東スポでは、以前滝川クリステルさんへの「外人」発言や、女子アナへのセクハラ発言として話題になった騒動についても触れられています。

詳細はこちらにありますが、生野陽子さんをデブと連呼したり、秋元さんにも酷いあだ名を付けたことなどなどひどい発言を繰り返していました。

それについては…

[以下引用]

長谷川:あの番組は有料で、普段見られないアナウンサーの素顔を語っていた。僕の毒舌芸はお約束ですから。

――というと

長谷川:あの「外人」発言の放送分の前も、問題発言を10回以上やっていいと(スタッフに)言われてましたから。だから本番で、平井(理央元アナ=30)には、「顔なんか映さなくていい!(自慢の)足だけ映せばいいんだ!」「スカートはかずに出演しろ!」と言ってました。

――ひ、ひどい…

長谷川:問題行動が面白いという番組で、演出だったんです。ネットで炎上しなければ意味がないと思ってやった。有料放送だから、加入者を増やすための策でした。

――テレビはそんな危険なことまで

長谷川:CSだからやれたことです。ただクリスには「ごめん」って謝った。「いつものことなので気になさらないでください」って返ってきました。他の女子アナには「いい加減にしないと、刺されますよ!」って忠告されましたが。

[東スポ]



フジテレビはネットをかなーり意識していたんですね。

ひらめきフジのネット工作がバレた件

ranking reading reading ranking

計算通り、滝川クリステルさんへの「外人」発言は差別発言として大きく取り上げられ、フジテレビには批判が殺到し、フジテレビも「長谷川アナの発言は不適切だった」としました。それでも長谷川さんの謝罪は拒否したのは、結局長谷川さんにやらせていたから、ということなのでしょうね。

さて、長谷川さんといえば、昨年一躍有名になったのが局の経費の不正使用疑惑です。

4月にフジテレビを退社後、ブログで疑惑の真相を語りましたが、長谷川さんが事件後8ヶ月“取材”した結果、フジテレビのY氏が中心となり長谷川さんの潔白を証明する書類を隠したことが「横領犯」の汚名を被る原因となったということでした。

遡ると2005年のライブドアのニッポン放送買収騒動で、堀江貴文さんを擁護していると一部の上層部から嫌われていた過去があったのも、今回の一因だったのでは、と分析していました。

長谷川さんが真相を書いていたブログに書き込まれていた批判コメントも、書き込み元はフジテレビだったということで、長谷川さん相当嫌われていたんですね。

 

※長谷川さんの8ヶ月の取材結果が掲載されているブログはこちらから

芸能人ブログ全集

なんというか、セクハラといい長谷川さんの横領濡れ衣事件といい、フジテレビって気持ち悪い会社ですね。

低迷するのも理由があるということなのかもしれません。

ひらめきフジのモラルが問われた懸賞品横流し事件!

こんなテレビ局、いいの?→ ranking

こんなテレビ局、いいの?→ reading

こんなテレビ局、いいの?→ reading

こんなテレビ局、いいの?→ ranking

※あのブログにも書けなかった真実が追加された本も8月30日発売

いつも一言多いあのアナウンサーのちょっとめったに聞けない話 [単行本] / 長谷川 豊 (著); 小学館 (刊)

いつも一言多いあのアナウンサーのちょっとめったに聞けない話 [単行本] / 長谷川 豊 (著)…

[Amazon]

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ

【最新ニュース】人気ブログランキング

当サイトのコピー・複製はご遠慮ください。

ひらめき今旬ナビ!最新記事はこちら