昨夜、突然引退を発表した島田紳助さんですが、水面下では早くも、彼が抱える多くのレギュラー番組の打ち切りや休止、継続の話に加えて、「後継者は誰になるのか」という駆け引きが始まっているようです。

一部では「行列の出来る法律相談所」には東野幸治さん、「ヘキサゴン」にはロンブーの田村淳さんの名前も出ているようですが…

引退会見の一問一答と合わせてどうぞ。

 → ranking

※とりあえず引退後は、沖縄で珊瑚を守る活動をしたいそうです。[amazon]

南の島 [コミック] / わたせ せいぞう (著); 島田 紳助 (原著); 講談社 (刊)

南の島 [コミック] / わたせ せいぞう (著); 島田 紳助 (原著); 講談社 (刊)



(以下引用)

島田紳助の突然の引退騒動は、ベテラン芸能人にも不可解に映ったらしい。関西を拠点に活躍するタレント・やしきたかじんは、Twitterで以下のようにつぶやいている。

「今、zero見てますが歯切れ悪いですね。本質が暴力団とのメールだけで吉本興業は切らないと思いますが」

「年10数億円稼ぐタレントは事務所に取ってドル箱です。特に金にシビアで有名な吉本が誰も確証のないメールを盾にする事自体が訝(いぶか)しい」

「此れで真相の幕引きには程遠く、週刊誌等がかなり動くと思われます。紳助一人の判断でないのは確かだと思うのですが」


この引退の裏には何があるのか、しばらくはマスコミが賑やかになりそうだ。

一方、島田紳助の突然の【引退】でてんやわんやの大騒ぎになっているのは、テレビ局だ。多数の番組を抱えていた彼だが、吉本興業としては代役を立てることで何とか調整を図っているという。

「【行列のできる法律相談所】は当分は東野幸治で回し今田耕司を合流させる案もある。【人生が変わる1分間の深イイ話】は羽鳥慎一を中心にし、ゲストを厚くする案がある。【ヘキサゴン】はラサール石井を代役で回させ、ゆくゆくはロンドンブーツの起用が聞こえる。【開運!なんでも鑑定団】は石坂浩二とのカラミもあるので慎重に決めなければいけない、吉本以外からで紳助の友人でもある和田アキ子の声も聞こえる。【クイズ!紳助くん】【紳助社長のプロデュース大作戦!】は紳助の名前を使っているので、リニューアルを含め検討中だというが、続行は難しいかもしれませんね。一番痛いのは、この二番組に出演していた芸能人ですね」(民放関係者談)

笑う人、泣く人、悲喜こもごもなのだ。

芸能ナックルズ、メンズサイゾー)

やしきたかじんさんのツイート、説得力があります。

確かに、暴力団関係者とメールのやり取りをしたくらいで引退に追い込まれてしまうというのは、どう考えても“行き過ぎ”でしょう。

その背後にどんな爆弾が隠されているのか、週刊誌の動きに注目してみたいと思います。

ひらめき島田紳助の引退は他の重大なニュースを隠すため??

ranking reading ranking reading

※NHKの取材結果です[関連商品]

ヤクザマネー

ヤクザマネー


話題は変わりますが――

東野幸治さんと今田耕司さんがやはりヨシモトの中では後継者候補No1なんでしょうか。

確かに、あの二人が「行列――」をどのように仕切るのかと考えると、とても興味深いものがあります。

「ヘキサゴン」は打ち切りになる気もしますが、確かにロンブーの田村淳さんは“芸能人イジリ”のテクニックで紳助さんの後継者と見られていた向きもあるようです。紳助さんの引退速報が出た時、テレビのインタビューが田村さんを直撃していましたが、その時の落ち着きようも今となっては意味深に感じてしまいますが…?

そして、「クイズ!紳助くん」「紳助プロデュース」が終わってしまったら、若手芸人さん達はかなり厳しくなるでしょうね…

※島田紳助と上原美優の

 怪しい関係…→ geinou ranking

 怪しい関係…→ geinou ranking

いずれにせよ、今まで頂点に立っていた島田紳助さんがいなくなることで、芸人さん達の“下克上”の動きが活発になるのは明らかですし、次の“帝王”が誰になるのか、気になるところです。

ちなみに、マスコミに伝えられている当面の各番組での対応というのは、以下のようなもののようです。

『開運! なんでも鑑定団』:8月30日は紳助なしで放送 / 以降は検討中

『行列のできる法律相談所』:8/28は放送休止、それ以降は検討中

『クイズ! ヘキサゴン2』:検討中

『紳助社長のプロデュース大作戦!』:検討中

『人生が変わる1分間の深イイ話』:8/29は放送休止、それ以降は検討中


 

番組を休止して別の番組に差し替えるテレビ局もあれば、紳助さんの部分だけを映さないで編集して放送するテレビ局もあるようですが、すでにほとんどの番組が数週間分を収録済みとのことで、テレビ局としては大きなダメージでしょう。

※島田紳助の驚愕の年収!

 いろんな人達が寄ってきます→ geinou reading

 いろんな人達が寄ってきます→ geinou ranking

 いろんな人達が寄ってきます→ geinou ranking

【関連情報】

島田紳助が引退会見!脅迫容疑で逮捕との噂や金本知憲との関係を指摘する声も…

島田紳助の引退会見の詳細!渡辺二郎を通じた暴力団関係者との黒い交際が原因だった!

上原美優の交際相手とされるお笑い芸人はペナルティのワッキーと千原ジュニアだった!?

最後に、島田紳助さんの芸能界引退会見の一問一答を載せておきます。

かなり長いですが、資料的な意味も込めて…

(以下引用)

■島田紳助 芸能界引退会見 一問一答

今日をもって芸能界を引退いたします。守るものもないので、話せることは正直に話します。ただ、名前を出すと、相手の方にも迷惑がかかると言われているので。

十数年前、どうしようもないトラブルを抱えた時(当時)Aさんから連絡があった。そのAさんが闇社会組織のBさんに連絡して、それがクリアになった。人間として感謝したが、そのBさんから『あなたは芸能界の人間。僕は組織の人間。会うと問題が起きる。芸能界で頑張ることが恩返し。心が通じ合っていればいい』と言われた。

ただ感謝の気持ちがあったので、Aさんを通じて「ありがとうございました。1年が無事に終わりました」と伝言してもらったことはあります。

それからは十数年の付き合いの中で(Bさんと)会ったのは、約4、5回。4年半前にバーをオープンした時、僕はお寿司屋さんにいました。それで開店に来てくれた時にお会いして、お酒を飲んでいかれた。それが最後です。

――メールについては

(吉本から確認を求められたのは)メールの一部だけなので、そこだけ切り取ってあるんですけど、6年前に謹慎でどうしようもない時にAさんを通じてBさんからも励ましがあり、「お二人がいてくれて心強いです」と言う風な内容だった。

正直、僕の中ではセーフだと思っていた。悪い事をしているという気持ちはなかった。ただ日曜日に会社から、芸能界のルールとして、モラルとしてやってはいけないんだ。それはダメだ。アウトなんだ。と言われた。

僕も吉本という大きな会社のかなり上の方になり、若手に厳しいことを言っている。

正直、僕が何も言わなかったら、会社は引退ではなく、謹慎を申し付けていたと思います。ぼくもベテランになり、下には700人いる。普段から下に厳しいそれじゃ示しがつかないと思って、日曜日の夜に引退を申し出た。そしてきょう(23日)に会社が了承した。

若いやつらにも言っておきます。「これぐらいでアウトなんだ」と。

――(紳助がこういう形で引退することで)芸能界と暴力団の関係が取り沙汰されるが

僕はここ数年間、わけわからん記事をいっぱい書かれた。週刊誌にウソを書かれるのが、すごく腹が立っていたんです。ここ数年間、ヤクザを使って、競売物件を買っているとか。違法カジノに出入りしているとか。そんなことをしていたら、僕はみなさんの前で腹を斬ります。明日からは一般人なので、本当にウソの事が書かれたら告訴するつもりでいる。

――なぜ今メールが出たのか

理由は聞いていない。(会社に)こういうものがあるけど聞いているかと言われた。僕はAさんに「暴力団ですか?」と聞いたら、Aさんは「そうじゃない」と。もともと、真っ白な方でしたから。僕はそうじゃないんだと思った。

――暴力団がトラブルを解決したことには

あまり良くないことになったなあと思った。お金もっていかなあかんのかなと。するとBさんは「バカな事を言うな。そんなことはありえないと。男と男は心でつながっていれば、会う必要はない」と。僕の心には響きました。正直言って後悔していない。それを思ったら、僕は僕を嫌いになる。

――暴力団と一緒に写真に写っていたという報道もある

悔しい。Aさんに「探されている」とメールした。別に探されて困っているわけではないが。

――引退は伝えたか

仲間には伝えた。全員が引き止めてくれた。涙を流してくれた人間もいた。

――レギュラー番組があるが

ぎりぎりまで言えなかった。ダウンタウンの松本だけです。「やっぱ、やめないでください」と松本には言われた。僕に漫才をやめる決断させたのは、松本。「最後は自分のわがままを通させてくれ。めっちゃかっこ悪い、ぶざまな終わり方だけど…」と彼には伝えた。上岡龍太郎には「君は引退するな」と言われたが、同い年で引退というのは何か感じた。

――思い出は

ヘキサゴンファミリー。上地雄輔からは「一生父ちゃん守るから」と言われた。僕にとってはファミリーみんなが大事でした。

※ヘキサゴンファミリー[amazon]

クイズ!ヘキサゴンⅡ 2010合宿スペシャル [DVD] / 島田紳助, 上地雄輔, クリス松村, 藤本敏史, 原西孝幸 (出演)

クイズ!ヘキサゴンⅡ2010合宿スペシャル/島田紳助, 上地雄輔, クリス松村, 藤本敏史, 原西孝幸

――未練は

未練はないです 山を一瞬、半年、てっぺんに立った。親友のさんまが見ててくれた。転げ落ちたのも僕らしい。

――トラブルもたくさんあった

そんなにありましたっけ。若いころに客をどついたこともありました。あと、裁判中なんであまり言えないんですけど、自分の中ではどうかなっていうのもあるんですけど、(女性の)髪の毛を掴んだのは事実です。

――今後は

若い人に夢を与えたい。沖縄の珊瑚も少なくなってきていると聞いているので、復活させたりとか。

(東スポ)

※自己プロデュースにも長けていた紳助さん[amazon]

自己プロデュース力 (ヨシモトブックス) [単行本] / 島田 紳助 (著); ワニブックス (刊)

自己プロデュース力 (ヨシモトブックス) [単行本] / 島田 紳助 (著); ワニブックス (刊)

※最新の芸能ニュースはこちら

【最新ニュース】人気ブログランキング

ひらめき今旬ナビ!最新記事はこちら

 

◆◆◆ 気になるニュース ◆◆◆

島田紳助が引退した原因!週刊誌が仕入れたヤバネタとは

フジテレビ社員が懸賞品をヤフオクに出品!韓流デモ騒動が発端で発覚

オリラジ藤森、24時間TVで放送事故!思わず実名暴露