放送作家であり小説家でもある百田尚樹(ひゃくた なおき)さんが、テレビ東京の番組『ありえへん世界』に対して、Twitter上で猛烈に批判しています。

なんでも、朝日放送の番組『探偵! ナイトスクープ』の内容を丸パクリして撮影しようとしたといいますが…

→ ranking

※こちらが「探偵ナイトスクープ」

[関連商品]

探偵!ナイトスクープ DVD vol.13&14 BOX「新しい笑いの実験室・上岡龍太郎探偵局 VS 進化する笑いの最前線・西田敏行探偵局」

探偵!ナイトスクープ DVD vol.13&14 BOX「新しい笑いの実験室・上岡龍太郎探偵局 VS 進化する笑いの最前線・西田敏行探偵局」




この百田さんという方は、『探偵! ナイトスクープ』の構成に携わっているといる方のようですが、いったいどのような経緯なのか、彼のTwitterでのコメントを時系列順にご紹介します。

(以下引用)

「5月27日、「探偵!ナイトスクープ」で「険悪な串カツ屋」というVTRを放送した。「同じ店にいる二人の店長の仲が悪いので何とかしてほしい」というオーナーからの依頼に応え、探偵が苦労の末に二人を仲直りさせることに成功した名作だった。ところが今日、呆れることを聞いた。」

「昨日、ナイトスクープのスタッフの一人が難波に遊びに行き、その串カツ屋に顔を出した。すると、店長が驚くようなことを言った。何と、先日、テレビ東京の「ありえへん世界」のスタッフが店に来て、「ナイトスクープと同じVTRを撮りたい」と言ったという」

「テレビ東京の「ありえへん世界」のスタッフは「ナイトスクープのように、喧嘩している店長二人が仲直りするVTRにしたい」と言った。店長二人は「自分たちは仲良くなったので喧嘩はできない」と断ったが、何とテレビ東京のスタッフは「もう一度喧嘩をしてください」と言った」

「そしてテレビ東京のスタッフは、二人の店長に台本を見せ、「この通りにやってほしい」と要請した。その台本は、呆れることにナイトスクープのVTRにそっくりの構成だった。なぜ私が断言できるのかと言えば、その間抜けなスタッフたちは台本を置き忘れていったからだ」

「私たちは台本を読んで驚いた。そこには店長二人の喧嘩のセリフまで細かく書かれていたからだ。その中には「死ね!」という言葉まであった。そしてナイトスクープのVTRのラスト同様、「ありえへん世界」の台本も、二人の店長は仲直りしてエンドになっていた」

「他のテレビ局のVTRをそっくり真似して作ることもひどい話だが、仲直りした店長二人に、もう一度喧嘩させて仲直りするVTRを撮るなど、言語道断! 最低最悪のやらせである! これは本当に許せない!絶対に見過ごせない!」

「この20余年の間、「探偵!ナイトスクープ」のVTRは、東京のテレビ局におびただしいほど真似されてきた。某大手広告代理店はCMでも何度も真似した。その多くはナイトスクープのVTRをそっくりそのまま真似ている。これはもう完全な盗作である」

「彼らがナイトスクープのVTRを見て同じ演出をしているのは、ほぼ間違いないが、これまでは大騒ぎするのも大人げないと思って黙っていたが、今回のテレビ東京の「ありえへん世界」のスタッフのやりくちは、あまりにもひどいのでツイッターに書くことにした」


(ロケットニュース24)

丸パクリとは酷いですね…

この「探偵ナイトスクープ」、現在はテレビ朝日では放送されていないようですので、関東では一部の地域を除いてあまり馴染みがないかもしれませんが、以前からパクリ騒動は多かったようです。

うーん、、

こういった全国放送されないローカル番組の面白い企画が、パクリ対象として狙われやすいのでしょうか?

最近では島田紳助さんの「深イイ話」など、テレビ業界では以前からヤラセや過剰演出が問題となっていますが、懲りないというか、こういうのは業界の体質ともいえるかもしれません。

今回の「串カツ屋」の二人の店長は、テレビ東京の「ありえへん世界」のスタッフからのヤラセ要請をきっちり断ったそうですが、金銭的見返りを保証されてしまうと、店側としても誘惑に勝つのは難しいでしょう…

百田さんは「盗作VTRを作るプロダクションのスタッフたちに言いたい! 誇りをもって仕事をしろ!」と訴えていますが、テレビ東京側から何かしらの謝罪があるのか、気になります。

ひらめき今旬ナビ!最新記事はこちら

 

【関連情報】

島田紳助は焼肉酒家えびすからバックマージンを得ていた!?番組打切りどころか社長退任も・・

◆◆◆ 気になるニュース ◆◆◆

ほっしゃんとか言う糞芸人が「すべらない話」でイジメ体験を笑い話に→ブログ炎上

ネタ切れか

竹内結子、息子のためにお受験ママに変身!

熱愛はどうなったんでしょうね。