昨年は紅白歌合戦の司会もこなし、一気にブレイクした嵐ですが、今年になってアイドル誌のレギュラー出演を突然「卒業」しました。

人気絶頂の中での“ドル箱”の撤退に、各出版社は頭を抱えているといいます。

ranking

※お笑い系のアイドル誌?もあるんですね。

[関連商品]





昨年までは「Myojo」「ポポロ」「Wink up」「POTATO」「duet」などの10代向けアイドル誌には、毎月のように嵐メンバー全員の撮りおろし写真やインタビューが掲載され、付録には特性ピンナップが付いていたといいます。

しかし、今年1月になると突然、5人揃っての記事や写真、ピンナップが一斉に消えてしまいました。

いったい、何が起きたんでしょうか…?

(以下引用)

実は、ジャニーズ事務所には“メンバーの1人が30歳になったらアイドル誌は卒業”というルールが存在するんです。リーダーの大野智くんが昨年11月に30歳になった嵐もこのルール通り。出演番組や映画の宣伝で個別のインタビューに出るのは良いが、メンバー全員の出演は所属事務所側がNGを出している」(ジャニーズ関係者)

(週刊文春)

この嵐の卒業は、雑誌にとっては計り知れないほどの影響があるようです。

日本雑誌協会によると、平均発行部数が約22万部から約17万部と、2割も減ってしまったアイドル誌もあるとか…

(以下引用)

嵐の代わりに事務所がプッシュしているのが関ジャニ∞で、雑誌の表紙や巻頭を飾っているが、人気はまだまだ嵐に及ばない。かつてSMAPがアイドル誌を卒業したときにも、TOKIOやKinki Kidsなどを後継アイドルとして売り出したんですが、雑誌的には大ブレイクしなかった。『なんとかまたSMAPを出して欲しい』と未練タラタラで、売り上げが低迷していた時代があったんです」(アイドル誌編集者)

(週刊文春)

そんな中、2008年頃からようやく嵐人気に火が付き、暗黒時代に終止符が打たれた、という経緯があったようです。

嵐を特集すれば部数は飛躍的に増加し、中には低迷期の2倍の売上になったところもあったと言いますが…

(以下引用)

「昨年末に事務所側から『関ジャニ∞を売ってくれ』という通達がありましたが、出版社も雑誌もどうなるか分からないこのご時勢。嵐という強力な矢を失い、正直非常に厳しい状況に立たされています」(アイドル誌編集者)

(週刊文春)

確かに、ポストSMAPがいない厳しい時代を耐え、嵐のブレイクに大きな貢献をして、これからやっと「収穫の時期」というタイミングで卒業されては、雑誌側としては堪らないでしょう。

しかし、すでに雑誌側は『関ジャニ∞を第二の嵐にしないと、また暗黒時代がやってくる』と悩んでいるそうですから、立場が弱いというか、可哀想というか、情けないというか…

いやはや、それにしても、ジャニーズ事務所は冷酷非情です ^^;

…ん??

ちょっと待ってください。

そういえば、関ジャニの横山裕くんって、1981年5月9日生まれなので、もう30歳になってます。

今年ブレイクしても、来年になれば関ジャニはすぐに卒業です…

だ、大丈夫ですか!!アイドル誌の皆さん!!

ひらめき今旬ナビ!最新記事はこちら

 

【関連情報】

大野智が亀梨和也にイライラ爆発!!

◆◆◆ 気になるニュース ◆◆◆

大野智&相葉雅紀が洗濯機にフライパン?「嵐」のなりきりCMが好評とか

自分で洗う洗濯槽…

東電「操作を間違えて、汚染水が浄化装置を素通りしていた」

な~にぃ~??