7月スタートの日テレ系ドラマ『ドンキホーテ』が松田翔太さんのゴールデンタイム初主演として注目を集めています。

しかし、実は未だに仮題のまま、正式タイトルが決まっていないんだそう。

6月も下旬になり、そろそろ春ドラマも終了、新ドラマの番宣も始まる時期ですが?

その理由とは…

 → ranking

イキガミ / 松田翔太 [DVD]

イキガミ / 松田翔太 [DVD]




一度は仮題の『ドン☆キホーテ』のままで決定と、根回しが始まっていたそうですが、土壇場でひっくり返ってしまったんだそう。

(以下引用)

 「当初はスポンサーからクレームがついたと言われていたんですが、どうやら主演の松田翔太から物言いがついたというのが真相らしい。もう少しオシャレでインパクトのあるタイトルにしてほしいとの要望があったそうだ。広報のスタッフはポスターや告知を打てずに四苦八苦している」(関係者)

(東スポ)

日テレのHPにはきちんと『ドン☆キホーテ』としてサイトもできていますけど、まだ変わる可能性があるのでしょうか?

もう少しオシャレでインパクト…『ドンキホーテ』じゃダメですかね?

確かにもはや「ドンキホーテ」といえばディスカウントショップのイメージですが、名作「ドン・キホーテ」と多少かぶる内容でもあり、悪くないと思うのですが。

ちなみに名作の方の「ドン・キホーテ」は、騎士道物語を読み過ぎて妄想に陥った下級貴族の主人公が、自らを伝説の騎士と思い込み、「ドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャ」と名乗り諸国を旅する物語です。馬のロシナンテ、従者サンチョ・パンサなど、登場人物も有名ですね。

そしてこの度のドラマ「ドンキホーテ」は、任侠集団の親分 (ドン。高橋克実) が児童相談所職員の青年(松田翔太)と魂が入れ替わったことから子供たちを救う正義のスーパーヒーローになって行く姿を描くとのこと。

まあ、ちょっとですけど、かぶりませんか?

松田翔太さんにとって、今回の『ドン☆キホーテ』(仮題)はゴールデンタイム初主演となるだけに、かなり張り切っているようです。

記事によると、脚本の第一稿にダメ出しするほどのエネルギーで取り組んでおり、まるで父親の松田優作が乗り移ったかのようだとのこと。

松田優作さんを言われると、単なるワガママとは切り捨てられませんね。

ひらめき松田翔太さんの彼女黒田エイミさん

 【画像】→ ranking reading reading ranking

今旬ナビ!最新記事一覧はこちら

 

【関連情報】

松田翔太と黒田エイミ破局危機から一転!母も公認の仲に!



◆◆◆ 気になるニュース ◆◆◆

中国での愛称 小嶋陽菜「白菜」、大島優子「栗鼠」、板野友美「虎牙」、渡辺麻友「馬玉玉」

深いのか、浅いのか…

AKB総選挙批判発言でナイナイ岡村に業界の圧力。

言いたいことも言えないこんな世の中じゃ

『マルモのおきて』でブレイクの芦田愛菜、テレビ局間で争奪戦が激化!

本人の力?脚本・企画の力?