6月9日に選抜総選挙の結果発表を控えたAKB48のメンバー達の“素顔”と“確執”の裏事情「後編」です。

ranking

※総選挙バイブルです。

[関連商品]





 今回の総選挙で旋回の19位から急上昇しているのが、速報で7位に入った「さしこ」こと指原莉乃

「自虐キャラで本人も言うようにルックスは大したことない。でも『普通の女の子をスターにしたい』という秋元康氏が推したことで俄然露出が増えた」

 もう一人、秋元の寵愛を受けてランクアップしたのが速報17位の横山由依。昨年10月に正式メンバーに昇格したばかりだが、2月には大島優子を中心とした四人組ユニット「Not Yet」に大抜擢された。

「この抜擢について感想を聞かれたとたん、記者の前でいきなり泣き出した。素人同然だったわけですから仕方ありませんが、そこで爆弾発言が飛び出した。『AKBの中からも、よく思われていないのは知っています。でも、絶対に負けません!』と。実際、出る杭は打たれるで、メンバーから辛辣なことを言われたりもするようです。同じユニットの指原は、横山が泣いているのを横目に“われ関せず”という感じでその場を離れていきました」(AKB関係者)

 一方、メディア選抜ギリギリのメンバーは、喉から手が出るほど票が欲しい。スポーツ紙記者が話す。

「12位と13位では天国と地獄ですよ。昨年の選挙では、12位と13位の票数の差は僅か18票。この辺が一番苛烈な戦いです」

 宮澤佐江はまさに当落線上の一人だ。前回9位だったが、今回の速報では11位にまで後退。

「カメラマンにも、『誰が推しメンなんですかぁ?』と明るい表情を装って聞いていました」(前同)

 メンバー内での上下関係は年齢ではなく、加入時期によって決まる。昨年12月にSKE完全にに加入したばかりの秦佐和子(30位)はメンバー中、年齢的にはお姉さんの部類だが、

「有名私大に通う彼女は頭が良く、番組の学力試験でトップでしたが、司会者から模範解答として褒められても下を向いて『カットして下さい』と映るのを嫌がった。“超謙虚キャラ”としてファンには認知されていますが、実際は共演メンバーより目立ってのけ者扱いされるのを恐れていた」(民放関係者)

 松井珠理奈(14歳・16位)と松井玲奈(19歳・9位)の良く似た名前の“松井対決”もヒートアップしている。

「松井珠理奈は11歳でAKBのシングルに参加するなど自信を付けていた。最近では撮影で『このコと一緒はイヤだ』などとゴネたり・・まあ14歳だから多少の勘違いは許されていますが、5歳上の松井玲奈に対して憚らず『玲奈には負けたくない』『玲奈が一人で出ているのを見ると悔しい』とライバル心を剥き出し。これが速報で大きく水をあけられ、さらに彼女の闘争心にひが着いたようです」(前出・AKB関係者)

 向上心で言えば速報5位の渡辺麻友も負けてはいない。前回は5位にも関わらず『悔しいです!』と号泣したが、今回は・・

「『3位になりたい!』と公言しています。つまり大島、前田の不動のツートップに負けるのは仕方ないが、他には勝てる、という自信があるわけです。写真集では17歳とは思えない色っぽい写真を出している。なかなかのタマですよ。ただ、メンバーの中ではちょっと孤立気味です」(プロダクション関係者)

(情報元・週刊文春)

AKB総選挙は6月8日に投票が締め切られ、翌6月9日には武道館で開票イベントが開催される予定です。

またこの選挙結果を『有吉AKB共和国』(毎週木曜深夜0:55~放送中)では生放送で、翌日のワイドショーに先駆けて速報するということ。

果たして1位の栄冠は誰の手に渡るのか?そして注目のメディア選抜12人、選抜メンバー21人に残るのは??

ファンならずとも目が離せません。

前編はこちら

 →【前編】大島優子,前田敦子,柏木由紀・・AKB48総選挙に臨む上位順位メンバーたちの裏事情

 ひらめき篠田麻里子がファンを激怒させた言葉

   詳細はこちら→ reading

   詳細はこちら→ ranking

   詳細はこちら→ reading

   詳細はこちら→ ranking

ひらめき今旬ナビ!最新記事はこちら

 

【関連情報】

AKB48前田敦子『イケメンパラダイス』続編主演決定に不安の声が続出!

AKB48大島優子にバッシングの嵐

◆◆◆ 気になるニュース ◆◆◆

MAX REINAできちゃった婚の裏話!

気づけばMAXも30代半ばかー

近藤真彦もビビる松本潤の凄い運転テクニックと都市伝説

くれぐれも事故にはならないよう・・・