このところ続く事件のために印象が薄くなりつつある、ユッケ食中毒死事件。

この事件の舞台となった「焼肉酒家えびす」を日テレの『人生が変わる1分間の深イイ話』が取り上げていたことはすでに話題になっていましたが、どうやってこのお店が『深イイ話』に取り上げられることになったのか、詳細が分かってきました。場合によっては日テレの社長退任にも発展すると言われる詳細は

ranking

※しっかりした経営哲学があるようです

[関連商品]

ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する 絶対に失敗しないビジネス経営哲学

ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する 絶対に失敗しないビジネス経営哲学




「焼肉酒家えびす」は視聴者からの投稿という形で番組に紹介されましたが、これが実際にはタイアップである、ということはほぼ間違いないようです。

では誰がそのタイアップを持ち込んだか、という点では、大手代理店説と島田紳助さん説の二つがあります。(芸能界の噂

まずは代理店説のご紹介です。

(以下引用)

現在、日テレは東日本大震災を現地取材している報道局の一部記者を、今回の〝ユッケ食中毒死事件〟の担当にして裏取りをさせている。

日テレがここまで必死になるのは、今回の「深イイ話」で「えびす」を宣伝的に取り上げた企画は、震災で出稿量が激減したテレビCMの穴埋めとしてはめ込んだからだという。今回の一件も大手広告代理店の持ち込み企画に「深イイ話」のスタッフが便乗した形のようだ。

(東スポ)

東スポによると、日テレは7月1日から新体制が始まるとのことで、状況次第では社長退任という事態もありうる為、現在読売グループの渡辺恒雄会長と新社長人事を検討中とのことでした。

CMの穴埋め、信憑性が高いようにも思えますが、どうなのでしょうか。

震災後、CMが流せなかったことでテレビ局各局はかなりの収入減となったと言われています。

日テレは昨年からアナウンサーの年収も3分の2にカットするなど、リストラも盛んですし、財政状態が余裕たっぷりという訳ではなさそうですし。

いやいや、紳助様の絶対的な権力の前には持ち込み企画は通らない、すべて紳助様の采配です、とするのが以下の記事です。

(以下引用)

 名前が挙がったのは、電通系のタイアップ専門の関連会社。ところが、同社関係者は「ウチは全く関係ない」と否定。紳助の番組はタイアップを持ち込んでも、紳助が絶対的な権力を持っているために、彼が「うん」と言わないと実現しない。実際にタイアップが実現した試しはほとんどないため、今は案件があっても話を持っていかないという。

 同じく紳助が司会をする『紳助社長のプロデュース大作戦!』(TBS系)や『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)で紹介されるグルメやお店も、紳助自身の持ち込みや、実際に紳助が気に入ったものが大半だと言われている。金にセコイと言われる紳助のこと、番組で取り上げることで、バックマージンを発生させているのではないかと疑いたくなる。紳助をよく知る制作会社プロデューサーは、紳助のグルメやお店の情報集めの方法について、語ってくれた。

「紳助は、週末に大阪の北新地にある高級クラブ『W』に行くんです。この店の幹部がグルメやお店の情報に詳しくて、紳助に教えているんです。食中毒事件を起こした『焼肉酒家えびす』も幹部の情報ですよ」

 この制作会社プロデューサーは、「タイアップ案件に限らず、番組プロデューサーや制作会社スタッフがいいと思う企画を持ち込んでも、紳助の了承が得られないとなかなか実現しない」という。その背景には、番組の利権を私物化しようという紳助の魂胆を垣間見ることができる。『深イイ話』の「焼肉酒家えびす」の企画は、「W」の幹部を通じて紳助自身が持ち込んだという疑惑は膨らむばかりだ。だからこそ、出演者全員が絶賛した、いや絶賛させられたのだろう。

(サイゾー)

このところ、仕入れ元の大和屋商店も怪しいということが明らかになりつつあります。

そうなると、ちょっとテレビでは追いきれない部分はあるとは思います。

ただ、番組では、「焼肉酒家えびす」の安さの秘密を「メニューを18種類に絞り込んで、それぞれに合わせた肉しか仕入れないため」と紹介していたようです。

その仕組みと安さに対しての評価が「深イイ」だったようなのですが、ユッケ一皿280円が、本当に仕入れを絞るだけで実現するのかという点に疑問を持って欲しかったというのは求めすぎでしょうか。

また、いろいろ言われているのは島田紳助さんの『深イイ話』ですが、実際には「焼肉酒家えびす」はテレ朝やフジでも取り上げられる常連店だったようです。

そして揃いもそろって、この件についてはノーコメントのままHPより削除しています。

雑誌やテレビで取り上げられるのが、本当にいいお店だからなのか、それともお店がお金を払っているから紹介されているのか、視聴者には判断つきません。

判断はつきませんが、どこに行こうか迷ったとき、テレビで紹介していた、というのは、店を選ぶ大きな動機になります。

メディアは自身の影響力を自覚して、特定の店や企業を紹介するときには、最大限の注意を払ってほしいものです。

今旬ナビ!最新記事一覧はこちら



ここまで読んで頂きありがとうございます

 

【関連情報】

島田紳助が『深イイ話』で紹介した焼肉えびすで集団食中毒。死亡者も・・・



◆◆◆ 気になるニュース ◆◆◆

生田竜聖がフジテレビで初お披露目!と思ったら早くもスキャンダル・・・?

水嶋ヒロ、家賃100万円超のセレブマンションにお引越し!

それだけの部屋に住むなら買っちゃえば?

24時間テレビに批判殺到!電力不足の中での24時間放映に「必要あるの?」

ごもっとも。

東電顧問が「低線量の放射線はむしろ体にいい」と発言。解雇を求められる