以前から噂されているTBSの青木裕子アナと後輩の田中みな実アナの壮絶なバトルですが、実はこのバトルの原因の一つとして、”SMAPのキムタク”ことあの木村拓哉さんが関係しているようです。

単に青木アナが、セクシー&ブリっ子キャラで人気急上昇中の田中アナをライバル視している、というだけではなかったんですね・・・

→ ranking

※枠の大きさは同じだけど、写りは田中アナが大きいですかね??

[関連商品]

カレンダー TBSアナウンサー’11.4

カレンダー TBSアナウンサー’11.4




(以下引用)

お笑いコンビ「ナインティナイン」の矢部浩之(39)とゴールイン間近といわれる青木アナだが、いまだに人気は衰えずTBSの顔的存在だ。そんな青木アナが最近気にしているのが、「サンデー・ジャポン」で共演する入社3年目の田中アナだ。

この田中アナの人気の秘密は「サンジャポ」での下ネタトークだ。

「田中は名物コーナーの『情報ライブ みな実屋』で昼間の番組とは思えない過激な発言を連発。ソーセージを試食した時も『中から肉汁があふれちゃう。これ、欲しいの? だ~めよ。全部、みな実のソーセージなんだから』と言ってウインクしたんです。その時の瞬間視聴率は一気に15%にもなったとか」(同関係者)

こうしたエピソードは数多い。「うな丼のレポートの時には喉を鳴らしながら『ウナギってなんか神秘的。超コーフンしちゃう』。ワインを試飲した時も『みな実、酔っちゃった。みな実を酔わせてどうするの』といった感じです」

青木アナが自分の地位を心配するのもわかるが、実は〝敵視〟はいまに始まったことではないという。

昨年末のことだ。「2人が同じ現場に出たことがあったんですが、アナウンサーが付けている小型マイクを通じて〝口撃〟があったんですよ」。別のテレビ局関係者はそう明かすと、次のように続けた。

「田中は青木にびびって収録前にあいさつに行かなかった。そのことを青木がマイクを通じてボソッと『あの子、あいさつがまだないんだけど』と言ったんです。無線でスタッフ全員が聞いてしまった。もちろん、後輩が先輩にあいさつしないなんて、礼儀を欠いていることは間違いないんですが…」(前出の関係者)

(東スポ)

うーん、さすが田中みな実アナ。意識してこういうキャラを作っているんでしょうか?

以前、こんなファンサービス?をテレビで披露して、男性陣から拍手喝采を受けていたこともありました。

 ひらめき田中みな実アナの放送事故【画像】

 → ranking reading ranking ranking reading

とにかく、青木裕子アナは心底、田中みな実アナのことを『ウザい』と思っているようですが・・・

 青木裕子が田中みな実を罵倒!「あんた絡みづらい!」

実績から言えば青木アナの方が断然上ですし、人気の面でもまだまだトップの座をおびやかす存在ではないでしょう。

しかしながら、〝敵視〟する理由として、こんな隠された原因もあったようです。

(以下引用)

「昨年末の音楽番組で、田中アナがSMAPと仕事した時に、木村さんが『オレ、コイツ知ってるよ。かわいい声が出るんだぜ』とほかのメンバーたちに紹介した。どうやら木村さんに気に入られたようで、田中アナも周囲に自慢していた。それが、青木アナは鼻についたんじゃないかな」(某プロデューサー)

確かにキムタクお気に入りとなれば、青木アナの地位を脅かす可能性は高い。いまだに「収録現場でも2人が話している姿を見たスタッフはいない。反省会でも青木アナはみな実アナに執拗にダメ出しをする」(制作会社スタッフ)

2人の人気女子アナのバトルに注目だ。

(東スポ)

あの天下のキムタク様が一目置いていたのなら、確かに鼻高々といったところでしょう。

田中みな実アナはそのブリっ子キャラとスタイル、下ネタOKの吹っ切れぶりで男性からの受けはとてもいいようですが、女性(とオカマ)ウケはイマイチのようです。

マツコに罵倒されたTBS田中みな実アナ。

青木アナと矢部さんの結婚が決定したら、一気に人気が逆転・・・してしまうかも知れません。

※女子アナ関連にはいろいろな本があるんですね。

[関連商品]

女子アナ超(ウルトラ)「都市伝説」―テレビが10倍おもしろくなる本 [単行本] / 清水 將大 (著); シーエイチシー (刊)

女子アナ超(ウルトラ)「都市伝説」―テレビが10倍おもしろくなる本 [単行本] / 清水 將大…

ひらめき今旬ナビ!最新記事はこちら

 

【関連情報】

TBS青木裕子 矢部が結婚拒否!?後輩からもウザがられる

◆◆◆ 気になるニュース ◆◆◆

東電顧問が「低線量の放射線はむしろ体にいい」と発言。解雇を求められる