漫才師日本一を決める「M-1グランプリ」は昨年末の10周年を機に終了したはずでしたが、なんと驚くことに今年も開催されるとか。新番組はフジテレビ系列で放送され、審査委員長はもちろん、あの島田紳助さん、内容もかなり似通ったものになるということで、ネット上で騒然となっています。

ranking

復活するの早すぎませんか?

[関連商品]





(以下引用)

漫才師日本一を決める「M-1グランプリ」は2010年12月の10周年を機に終了した、はずだったが「今年も開催される」とネットで話題になっている。新番組の審査委員長は「M-1」提唱者で、大会実行委員長・審査委員長だった島田紳助がつとめるからだ。

変更点はといえば放送局と番組名。また、「M-1」の出場資格が結成10年以内だったのに対し、プロの漫才師なら誰でもチャレンジきるようになった。ネット上には「M-1終わったとたんにこれかよ」「M-1辞めた理由がわからない」など首を傾げるコメントが多数出ている。

「M-1」の後継番組とされているのが、フジテレビ系「THE MANZAI 2011(仮題)」。「M-1」は朝日放送制作・テレビ朝日系放送だった。5月から予選会がスタートし12月放送の決勝大会で漫才師日本一が決まる

(J-CASTニュース)

「M-1」は2001年から始まり、「チュートリアル」「南海キャンディーズ」「オードリー」「ブラックマヨネーズ」「フットボールアワー」「サンドウィッチマン」、それに今話題の「スリムクラブ」など、優勝者以外からもお笑い界のスターを輩出してきました。

視聴率も2009年の平均視聴率は関東地区で20・6%、関西地区では30・3%。2010年は裏番組で女子フィギュアスケート大会とボクシング・亀田兄弟の世界戦中継があったにもかかわらず、関東地区で18・7%、関西地区で23・4%と健闘し、まさに「ドル箱」番組でした。

打ち切りの理由には諸説ありましたが、紳助さん自身は「M-1の役割は終了した」と言っていました。

ただ、「若手漫才師から目標がなくなるのは辛い」という訴えが多いため、将来的な「M-1」復活も匂わせてはいましたが・・・

(以下引用)

そうした中で11年4月26日に突然発表になったのが「THE MANZAI」の放送決定だった。「THE MANZAI」は1980年代に空前の漫才ブームを巻き起こしたフジテレビの番組名。これを復活させ、優勝者には漫才師の頂点である称号を与えようという企画である。ただし、過去の「THE MANZAI」は芸を披露する番組で、コンクールではなかった。

ネットではこの新番組の発表に対し、「M-1」のようなものをまた見ることができて嬉しい、といった意見もあるのだが、「M1終わったのにすぐこれかよ」「これがあったからMー1やめたんか?」などといったカキコミがネットの掲示板やブログに出ている。最も多いのが「放送する局を変更しただけなのでは?」といった疑問だ。「ドル箱」番組をフジテレビに引き抜かれた、と考える人もいる。

10年に渡り「M-1」を制作し漫才コンクールの代名詞にまで育て上げた朝日放送はどう思っているのだろうか。同局広報に話を聞いてみると、確かにM-1が終了したことは寂しいが、「M-1」を主催していたよしもとクリエイティブ・エージェンシーとは発展的な終了ということで合意していて、新しい番組やイベントを行うためのプロジェクトを進行中だと話した。

そしてフジテレビの新番組については、

M-1に参加できる制限だった結成10年まで、という縛りが無くなっていることもあり、私達はM-1とは別の番組だと思っています」ということだった。

(J-CASTニュース)

今回の復活劇、もしかして今回の震災の影響もあったのでしょうか?復興支援の一環として世間を盛り上げようということとか、震災で大きな打撃を受けたお笑い界をなんとかしようとか・・・

それとも、紳助さん自身の帝王陥落への焦り??

 ひらめき島田紳助を帝王の座から引きずり下ろすアノ軍団・・・

  → ranking reading reading reading ranking

とにかく来月から予選も始まるということなので、番組が始まるのは確実なようです。

近日中に島田紳助さんやフジテレビからアナウンスがあると思うので、注目したいですね。

【関連情報】

今田耕司が紳助潰し!失速する島田紳助にコージー軍団がトドメを…

島田紳助、オリエンタルラジオにも怒る・・・その訳とは

ココリコ遠藤が藤原紀香とも交際? 紳助の逆鱗に触れ確執!?

ひらめき今旬ナビ!最新記事はこちら

 

◆◆◆ 気になるニュース ◆◆◆

ココリコ遠藤、不倫だった?お相手女性がすでに結婚か

これは衝撃!

関ジャニ∞丸山隆平が「ワイルド7」で初映画出演!