原発廃止の機運が高まる中、原発擁護を必死に叫んでいる芸能人・文化人の発言が話題になっています。

その中でも特に、勝間和代さんとビートたけしさんの発言内容があまりにもひど過ぎると、ネット上で叩かれているようです。

詳細は→ ranking

※「電力会社に群がる原発文化人の罪」の大特集です。

[関連商品]

週刊金曜日 2011年 4/15号 [雑誌] [雑誌] / 金曜日 (刊)

週刊金曜日 2011年 4/15号 [雑誌] [雑誌] / 金曜日 (刊)



(以下引用)

福島原発事故の問題をテーマに先月放送されたテレビ朝日の「朝まで生テレビ」は、出演者があまりにひどい顔ぶれだったので観ませんでした。ツイッターなどネット上で飛び交っている番組の感想をチェックすると、案の定、原発擁護発言のオンパレードだったようで、番組全体の評価をネット上で読んだ表現でまとめると、福島原発事故は「いい教訓になった」、「どういうリスクがあるかやっと分かった」などと発言する「原発産業御用文化人」による「全体が人の痛みがわからない地獄のような放送」だったということです。

ツイッターなどネット上では、とりわけ勝間和代さんの発言が大きくクローズアップされ、YouTubeには「歴史に残る朝生」などと銘打たれた番組ハイライトがアップされています。私はYouTubeで朝生のハイライト映像を観ただけなので、番組全体について批判する資格はありませんが、ハイライト映像の中での勝間和代さんの問題発言は要約すると以下になります。

「放射性物質が実際よりかなり怖いと思われていることに問題があるのではないか」

 「放射線がちょっと増えただけだけなので問題はないのではないか」

 「プルトニウムは、特に大きな危険はないはずだ」

 「チェルノブイリでは小児の甲状腺がんが顕著に増えたけど、それ以外の病気は顕著に増えた例はなかなかクリアに見えない」

 「今回の福島原発事故は、むしろマネジメントの問題だ」


(BLOGOSより一部抜粋)

この他にも「津波の死者と比べて(原発事故は)報道のされ具合と死者の多さのバランスが悪い」などとも発言し、まるで原発事故では人がそれほど死んでないのだから騒ぐな!と言わんばかりの理論を展開したそうです。

これに対して、ネット上では当然のように批判が殺到し火ダルマに。

「この女は許せない」「人の気持ちが分からないのか」といった怒りのコメントに対してさらに勝間さんが反論するなどして過熱、ついに勝間さんが“条件付き”で謝罪しました。その「お詫び」の文章の一部が以下です。

私が、事故後のコメントにおいて、過去のデータや科学的根拠ばかりを強調したあまり、多くの方々が感じている将来への不安や精神的なダメージやに対する配慮を欠くコメントをしてしまったこと、また、不愉快と思われる発言を行ったことについて、重ねて深くお詫び申し上げます

このお詫びは、放射能の被災者や不安を持っている人への配慮が足りなかったことは謝罪していますが、自分の発言は科学的根拠に基づいており間違っていないと、あらためて強調しているだけです。

勝間さんは、東京電力役員や原子力保安委員、電力会社にいる天下り官僚などの総辞職も提言していますが、今度はその寝返りぶりの見事さが話題となっているようです。

朝まで生テレビ~勝間和代氏のクズ発言撤回について~

 ひらめき中居正広の頭髪がヤバい・・・(一緒にいる人も衝撃!)【画像】

  衝撃のハゲ画像 → ranking

  衝撃のハゲ画像 → reading

  衝撃のハゲ画像 → reading

  衝撃のハゲ画像 → reading

  衝撃のハゲ画像 → ranking

そしてもう一人、ビートたけしさんの過去の発言も取り沙汰されています。

『新潮45』の2010年6月号で、原子力委員会の近藤駿介(東京大名誉教授)と対談した際の発言です。

(以下引用)

「おいらは大学も工学部ですから、原子力関係の話は大好きなんですよ。今日は新潟県にある柏崎刈羽原子力発電所の中を見学させてもらったのだけど、面白くて仕方がなかった」

こう切り出したたけしは、こんなことを言う。

「原子力発電を批判するような人たちは、すぐに『もし地震が起きて原子炉が壊れたらどうなるんだ』とか言うじゃないですか。ということは、逆に原子力発電所としては、地震が起きても大丈夫なように、他の施設以上に気を使っているはず。だから、地震が起きたら、本当はここへ逃げるのが一番安全だったりする(笑)。でも、新しい技術に対しては『危険だ』と叫ぶ、オオカミ少年のほうがマスコミ的にはウケがいい

本当にその方が「ウケがいい」かどうか、たけしも一度試してみればよかった。原子力発電所に逃げるのが一番安全なら、たけしはいまこそ、福島の原発に逃げ込んだらいいだろう。

(BLOGOS)

たけしさんは工学部出身だったんですね・・・

まあ、まさか一年後に本当に地震(津波)による事故が起きるとは思ってもいなかったとは思いますが、たけしさんは今も「原発が必要なら東京に作れ」という発言をしていますので、1年前の発言という面を考慮しても、影響力の強い有名人の発言としては軽率だったようです。

本当に安全だと思っていて、それを皆に伝えたいのであれば、まずはご本人が率先して静岡の浜岡原発などの近くに生活の拠点を移し、そこから意見を発信しない限り、説得力はないのでは?

さらに、福井にある高速増殖炉・もんじゅは、原子炉に燃料交換装置が落下して燃料棒の交換方法が絶たれてしまい、今や運転も廃炉もできない状態となっているようです。

 「どうやら『もんじゅ』がガチで福島よりヤバい状態らしい

長くなりましたが、最後に次のような指摘を記載しておきます。

原子力・電力業界がメディアに流している金は、年間2,000億円に迫る。現在、広告出稿量第1位のパナソニックが771億円、強大な広告圧力でメディアから恐れられているトヨタが507億円だから、この金額がいかに大きいものであるかがよくわかるだろう

これは、以下の本に書かれているとのことです。

[関連商品]

誰も書けなかった日本のタブー (別冊宝島) (別冊宝島 1752 ノンフィクション) [大型本] / 宝島社 (刊)

誰も書けなかった日本のタブー (別冊宝島) (別冊宝島 1752 ノンフィクション) [大型本…

「原発文化人」が原発を擁護するほんとうの理由を、一般人は知り始めています。

 ひらめき原発問題を巡って滝川クリステルに批判殺到!嘘つき!!悪い女だ・・・

  その理由は? → ranking

  その理由は? → reading

  その理由は? → reading

  その理由は? → ranking

  その理由は? → reading

こちらもどうぞ

世界一優秀で従順な奴隷である日本国民へ by 東京電力

ひらめき今旬ナビ!最新記事はこちら

 

【関連情報】

原発文化人の罪-ビートたけし氏「地震起きたら原発へ逃げるのが一番安全」、勝間和代氏の朝生発言

ネットゲリラ: 原発大好き文化人・北野武

原発事故に関する宣伝責任へのお詫びと、東京電力及び国への公開提案の開示

東京電力の給与10%カットに国民が大激怒 / 国民の声「たった10%? マジで??」

東京電力社員にボーナス支給決定で国民が大激怒「これで税金投入なんて言ったら絶対払わないからな」

東電が賠償金を払いきれないから電気代に上乗せで国民負担!さらに今なら東電以外も上乗せ!