東日本大震災の影響で3月の日本での開催を断念したフィギュアスケートの世界選手権

代わりに今日から5月1日までモスクワで代替開催されることになり注目が集まっています。

そんな中、浅田真央選手や安藤美姫選手の最大のライバルと見られている韓国のキム・ヨナ選手が、金銭トラブルで訴訟問題に巻き込まれていることが明らかになりました。

ranking

※あちらの風習も関係しているようです。

[関連商品]





(以下引用)

中央日報によれば、ヨナの代理人を務める法務法人ジアンは21日、前所属事務所のIBスポーツに収益配分金の請求を昨年11月に提訴、3月16日に初公判が行われたという。

ジアンは、スポンサー各社がヨナへの広告料としてIBスポーツに支払った金額のうち8億9400万ウォン(約6400万円)がヨナ側に支払われていないと主張。これにIBスポーツ側は「当社所属当時に結んだ広告契約の一部を延長しただけ。この部分についての権利は当社にある」と反論したとのこと。さらにヨナの母親が昨年4月に設立したオール・ザッツ・スポーツが、IBスポーツで働いていたスタッフ2人を引き抜き採用したことについて、損害賠償1億ウォン(約720万円)を請求し、もはや新旧の所属事務所で訴訟合戦に発展している。

韓国で昨年10月に発表されたCM好感度ランキングでは、女王の座を若手女優のシン・ミナ(26)に奪われてしまったキム・ヨナ。韓国では一族の誰かが大金を手にすると、親戚一同が利権に群がるという悪しき風習もあるようで…

(アサヒ芸能)

キム・ヨナ選手といえばもちろん浅田真央選手とのライバル関係に注目が集まりますが、韓国での人気も凄まじいものがあったそうで、2009年には年収が約8億5千万円とも言われていました。

しかし最近は、コーチとお母さんのゴタゴタ騒動などでイメージが落ちて、さらに五輪以後はあまり試合に出ていなかったことあって、人気も下降していたといいます。

実際、昨年10月に韓国で発表されたCM好感度ランキングでは、女王の座を若手女優のシン・ミナという人に奪われてしまったとか。

そんな中の今回の訴訟報道ですので、これがトドメになってしまわなければ良いのですが・・・

 ひらめき浅田真央を“アバズレ”呼ばわりしていたブラックなキムヨナ

  そこには腹黒い15歳女子がいた→ ranking

  そこには腹黒い15歳女子がいた→ reading

  そこには腹黒い15歳女子がいた→ ranking

  そこには腹黒い15歳女子がいた→ looking

まだまだ若いですし、浅田真央さんとの良いライバル関係でフィギュア界を盛り上げて欲しいものです。

ひらめき今旬ナビ!最新記事はこちら

 

【関連情報】

6年ぶりに優勝した安藤美姫がご機嫌ナナメなワケ

【画像検証】浅田真央と高橋大輔の熱愛報道を振り返り検証

【フィギュア】浅田真央の撮影騒動、韓国では「日本側の過剰反応」との声!

◆◆◆ 気になるニュース ◆◆◆

終わったばかりの『デカワンコ』早くも特番で登場の裏事情

大人の事情ですね

安室奈美恵と山下智久の相性は抜群!熱愛まで発展するか?

ない気が・・・

生田斗真と松本潤が一触即発?