東日本大震災発生後、「16年前、阪神淡路大震災の時の被害で死亡した人達の人数を賭けていた」という噂がネット上に流された神田うのさん。

彼女は3月23日付けのブログで「想像しただけでも恐ろしい事実無根の酷い作り話」と猛反論していましたが、ここへ来て「死者数の賭けをしていた」ことを示す動かぬ証拠がネット上に流出し、うのさんが嘘をついていたことが明らかになってしまったようです。

ranking

※「誰も想定したくないその日」が来てしまった今、なんとか最悪の事態だけは回避できることを祈るばかりです・・・

[関連商品]

原発崩壊 想定されていた福島原発事故

原発崩壊 想定されていた福島原発事故




(以下引用)

流出した記事はすでに廃刊となった女性誌「uno!」の97年11月号に掲載されたもので、うのが落語家の春風亭小朝とともにインタビューに応じたもの。

話題が阪神淡路大震災になるとうのは、「『ねぇ、うのちゃんは、何人ぐらい死ぬと思う?』なんて番組のスタッフに誘われて賭みたいなことやっちゃったんです」と死者の数を賭の対象にしていたことを認めたうえで、「そのことがすご~い自分の中に残ってて……。それで、ある番組でもらった賞金30万円に、20万たして寄付したの」と反省しつつ50万円寄付したことを明かしているが、すでにネット上には“証拠”となるこの記事の画像が貼り付けられてしまっている。

うのは震災から1年後に放送された関西ローカルのテレビでも同じような趣旨の発言をしたが、あの時、なぜ干されなかったのか? この記事でこんな発言をしたうのは問題だが、これをスルーさせた編集者、うのを賭けに誘った番組スタッフの常識も思わず疑ってしまう」(テレビ関係者)

(リアルライブ)

このニュースは、ガジェット通信に送られたタレコミが元になっているようです。

そして、インタビュー記事を見る限り、確かに神田うのさんはハッキリと賭け事をしていたと答えています。

神田うのさん本人はとても反省していたようですが、嘘をついてしまったことはどうやら紛れもない事実のようですし、1年後にも同様の発言をしていたとなれば、その反省も疑わしいものになってしまいます。

彼女は3/23の反論以来ブログを更新していませんが、この“動かぬ証拠”に対して今度はどう対応するのでしょうか?

さらに先日、彼女の父親が旧通産官僚で原子力発電安全管理課長として原発政策を推進する立場に立っていたことが明るみに出ました。

もちろん、うのさん自身には直接関係はありませんが、原発事故の処理を巡って世界中から注目を浴びている現在、世論感情として彼女に対して厳しい目が向けられていることも事実です。

2ちゃんねるなどでは早くも炎上しつつあるようですし、謝罪するにしろ反論するにしろ、タレント生命の瀬戸際にあることは確かでしょう。

ひらめき神田うのさんが阪神淡路大震災で死者数の賭けをしていた動かぬ証拠【画像】

 → ranking ranking reading

最後に、当時のネットでの反応をご紹介しておきます。



「もともと、『友達と賭けしてた』ってのは某番組内での発言。ケラケラ笑いながら言ってた。その直後、批判浴びたので慌てて雑誌に『反省して寄付した』って記事書かせたの。それを今さら無かったことにしようってのは虫が良過ぎる。こういう記事とか番組とか保存してる人もいるわけよ」





私の記憶では、たしか阪神淡路大震災から1年後か2年後くらいに放送した番組で、倒壊した診療所の医者など、被災した人たちが復旧に向けて頑張っている様子を放送していました。

その映像のあと、スタジオのゲストだった神田うのが、急にケラケラと笑い出して、「死んだ人って6000人だっけ?私、友達数人と何人死んだか賭けてたの~」と言い出しました。

そして司会者が驚いて「何を言っているの?今は震災の話をしているんだよ!」と言ったところ、神田うのは「だ~か~ら~震災の話じゃん。7000人死ぬって賭けてたのに6000人しか死ななくて、うの負けちゃったんだよ。診療所つぶれちゃったお医者さんよりも、うのの方がかわいそう~」と言って、またケラケラと笑っていました。



こちらの信憑性は?ですが、火のないところに煙は立たぬともいいますし、真偽の程が明らかになるのでしょうか?

※すでにタレントというより実業家としての実績のほうがあります

[関連商品]

ミセスUNO

ミセスUNO


【関連情報】

神田うのの父は原発官僚だった!現在の原発推進に大きく貢献した第一人者で…

神田うの、ネットでの噂を否定!阪神大震災の時には50万円も寄付していた