最近では大村正樹レポーターの失言問題など何かとトラブルの多い「とくダネ!」。

この番組でよく聞かれる「こんなもんメディアが取り上げるほどのことかねえ」と言う小倉智昭さんの口グセは以前から視聴者から不評を買っていましたが、どうやら番組スタッフからも大ブーイングの嵐のようです。

ranking

※小倉智昭さんセレクトです

[関連商品]

小倉智昭セレクション 元気が出るクラシック / モントリオール交響楽団, ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団, ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団, ローマ聖チェチーリア音楽院管弦楽団, フィリップ・ジョーンズ・アンサンブル, クリーヴランド管弦楽団, スカラ座フィルハーモニー管弦楽団, スイス・ロマンド管弦楽団, ハーデンベルガー(ホーカン), ナショナル・フィルハーモニー管弦楽団 (演奏) (CD - 2002)



この小倉さんの発言は、自分の番組でそのネタを取り上げておきながら突き放すという、ある意味掟破りとも言える禁じ手ですが、振り返ってみるとトラブルは多いです。

まずは中国の毒ギョーザ事件。この時は「日本の仕打ちは、ちょっと辛く当たり過ぎた」と中国を擁護して猛烈に批判を浴びましたし、亀田兄弟の騒動では「もう、どうでもいいや。急激にこの人たちへの興味も薄れちゃった・・」と言い放ち、一生懸命説明した笠井アナは「まだ興味をお持ちの方もいるのではないかと、お届けしました」」と苦笑していました。

そして、市川海老蔵さんと小林麻央さんの交際報道の時には「海老蔵さんの付き合う人をいちいち取り上げていたら大変」と冷笑。昨年12月の麻木久仁子さんと熟女ジゴロ・山路徹氏の不倫騒動では「だーれが得するんですか!!こんなの放っておけばいい!!」と大騒ぎしていましたね~

 ひらめき笑撃!番組中に小倉智昭のカツラが落ちた!?

  → ranking reading ranking reading ranking

この態度に対して、視聴者だけではなくスタッフもブチギレ寸前!だそうです。

(以下引用)

いかにも野次馬的な情報番組で多額のギャランティを受けながら、自分だけは距離を置いて上から目線の感想を述べる。これが鼻につくという声も少なくないのだが、実は番組スタッフの間でも評判は決してよくない。

「数字(視聴率)が取れるから、みんな我慢しているけど、彼のいない席ではみんな悪口ばかり」

とは数年間、『とくダネ!』でディレクターを務めたテレビ関係者だ。

スタッフはみんな労力かけて取材しているのに"どうでもいい"の一言ですからね。大半は関係者や識者にコメントを取っているじゃないですか。小倉さんが毎回"こんなの取り上げるのがおかしい"という度に、そのコメントした人から抗議がくるんですよ。"だったら最初から話を聞いてくるな!"って」(同関係者)

それではまるで、コメントした人がくだらないものに熱心であるかのように映ってしまう。

しかしその一方で、自分の愛車が盗難に遭ったことを番組冒頭10分近くも割いて愚痴っている。それこそ視聴者の方が「どうでもいい」と言いたくなる。

「オンエア以外でもスタッフに対して言葉がきつい。オマエ呼ばわりは当たり前、少しでも自分の気に入らない台本だと"誰だこれ書いたの"とわざわざ人が集まっている場所で怒る。自分が読み間違えたものまでディレクターのせいにします」(同)

極めつけは、その二言目に「だったら辞めてやるよ、と言うことです」と同関係者。自分が辞めたらおまえら困るんだろ? と言わんばかりの態度が印籠になっているようだ。

そういえば以前、朝青龍に「星が買えればいいのにね」と発言したことを謝罪した際も、「そういう表現が私の持ち味」と弁解。「それでお詫びしろというなら司会を辞めさせてください」と加えていた。

(日刊サイゾー)

自分自身に非があっても「これが持ち味だ!責めるなら辞めてやる」と言わんばかりの態度は、あまりにも身勝手ですね・・・

ひらめき「あんた誰?」顔パス失敗でも厚顔無恥な小倉智昭

 → reading ranking reading reading ranking

その傲慢さがTVから伝わってくるのが、視聴者から敬遠される一番大きな理由のような気もしますが、それにも関わらず視聴率が良いのは物凄く不思議です・・・

ちなみに、小倉さんは以前ネット絡みの事件があったときに「僕はパソコンがなくても生きていける」と語っていたり、パソコンによる仕事上のトラブルがあると「パソコンなんかに頼るからだっ!」とスタッフを怒鳴り散らすそうです。

自分が1980年代にパソコン入門番組の司会者をやっていたことを棚に上げて・・・

うーん、

この懲りなさが彼の最大の欠点であり、ツッコミどころ満載の魅力でもあるんでしょうか?

東日本大震災後の今、テレビ局はCMが流せないことにより収入が激減しているとか。

これにより、番組制作費のさらなる節減が進められ、ギャラのカットや高額ギャラ芸能人の降板ということが起きると言われています。

小倉さんの「だったら辞めてやるよ」というセリフ、実はスタッフは待ち望んでいたりして。

※これも小倉さんが監修だそうですよ。

[関連商品]

とくダネ!朝のヒットスタジオ Vol.5 / オムニバス, SHOW-YA, 大事MANブラザーズバンド, 世良公則, JAYWALK, 渡辺美里, バブルガム・ブラザーズ, 野口五郎, 岩崎良美, イモ欽トリオ, 大黒摩季 (CD - 2009)

【関連情報】

小倉キャスターの一言が相撲協会を怒らせる

小倉智昭の中国擁護に批判殺到!毒ギョーザ事件は「トヨタ問題と似てる」「日本の仕打ちは、ちょっと辛く当たり過ぎた」

小倉智昭、ついに降板か!?大村正樹の失言と羽鳥慎一の参戦で窮地に!!

小倉智昭が自爆?!麻木久仁子と共に嫌われランキングNo1を奪取!!

アレは小倉智昭の悲鳴だった…大桃Twitter爆弾のまとめ



晴れおすすめニュース

小倉智昭のブログを探すなら→ 芸能人ブログ全集

小倉智昭の失言の数々はこちら→ 芸能界のう・わ・さ!!

世の中いろいろニュースは→New discovery