福島原発への対応を巡って東電や政府に対する批判が強まっていますが、ここへ来て東京電力によるマスコミや大学などに対する影響力の強さが明らかになりつつあります。

ranking

[関連商品]

原発と地震―柏崎刈羽「震度7」の警告 [単行本] / 新潟日報社 特別取材班 (著); 講談社 (刊)



東京電力とマスコミの癒着については、勝俣恒久会長が原発事故発生時にマスコミOBを連れて接待旅行をしていたことを認めたことを発端として、批判が強まっています。

※そのときの会見の模様はこちらです。

  → 勝俣会長の会見

そして先日、今度は大阪芸術大学の純丘曜彰教授から「東京電力は大学に現ナマをばらまいている」という告発もなされ、大きな反響を呼んでいます。

(以下引用)

純丘教授はビジネスコミュニティ「INSIGT NOW!」に「東電のカネに汚染した東大に騙されるな!」との記事を掲載。同記事で純丘教授は、「なんと5億円!寄付講座だけでも、これほどの大金が、東京電力から東京大学大学院の工学研究科にジャブジャブと流し込まれている。これは、東大の全86寄付講座の中でも、単独企業としてあまりに突出した金額」と語り、「テレビで口を開くなら、まず、東京電力から受け取った黒いカネを、全額、返してからにしろ」とも。

また、東大だけでなく、「東工大や慶応義塾大学など、全国のあちこちの大学の大学院に、東京電力は現ナマをばらまいている」とも指摘。さらに、長崎大学では、東電が9000万円で講座を寄付したいとの申し出をしてくるも、その趣意書は、原発推進とも受け取れる表現が踊っていたという。そんな中、大混乱の学長選を経て、公害問題が専門家が当選したことにより、長崎大学はすでに振り込まれていた金を全額東電に突き返したという。

(リアルライブ)

テレビに出てくる学者さんが「御用学者」と呼ばれているのには、このような裏事情もあったんですね。

原発の事故が明らかになって以降、政府は基本的に「大丈夫、心配ない」という内容の発表を繰り返し、マスコミもそれを検証することもせず、ただただ政府の発表を垂れ流しているという批判があります。

ひらめき【動画】こだまでしょうか いいえ枝野です

 → ranking ranking reading reading ranking

実際、国際機関であるIAEAと政府の発表に食い違いがあり、特に原発の近くに居住している方々は混乱し、不安に思っている人が多いのではないでしょうか?

マスコミが公正・中立を旨とするのであれば、こういう混乱した状況の中でこそ、様々な意見を持った専門家による意見を取り上げ、正確な情報の伝達に務めて欲しいと思います。

また、テレビなどのマスコミではあまり報道されていないようですが、実は東京電力はマスコミのスポンサーとして多大な影響力を持っていることも指摘されています。

(以下引用)

各方面から不評を買っている東京電力の清水正孝社長だが、実は「日本広報学会」の会長なる役職を務めており、「これからの広報活動に求められるのは『伝える広報』から『伝わる広報』への変化ではないかと思っております」と語っている。不明瞭な説明の会見を繰り返す同社の現状を、どう見ているのだろうか。

日本広報学会とは、経営体の広報活動全般について、学術的および実践的な研究を行い、研究成果を発表しつつ、理論としての体系化を目指すという団体で、公式HPには「国際社会に通用する広報マインドの醸成に貢献する」とある。

過去の会長には、瀬戸雄三氏(アサヒビール元社長)、張富士夫氏(トヨタ自動車元社長)が名前を連ね、2氏は現在は顧問となっている。

(ゆかしメディア)

日本広報学会についてWikiで調べてみようとしましたが、なぜか見つかりませんでした。

(日本広報協会ならあったんですが・・・)

その代わり、テレビ業界と原子力業界の密接なつながりを証明するようなものを見つけました。これは、ネット上で結構拡散しているようです。

ひらめき

 ジャーナリズムと原子力産業 → ranking

 ジャーナリズムと原子力産業 → reading

 ジャーナリズムと原子力産業 → reading

 ジャーナリズムと原子力産業 → ranking

うーん、怪しい・・・

これが本当なら、原発関連の報道でマスコミの言うことは一切信頼できなくなってしまいますね。

日本政府や東京電力の発表が全て嘘だというつもりはありませんが、現状ではそれらと国際機関や海外のマスコミ、外国政府の発表を個人で比較・検証して判断していくしかなさそうです。

週刊誌は比較的公正な報道をしているようですが・・・

※こちらはドイツ気象庁が発表している予測です。もちろん、日本の気象庁はこんなもの出してないですね。(時刻はUTCと呼ばれる協定世界時で表されているため、日本時間は+9時間したものになります)

ドイツ気象庁 放射性物質拡散予測

※こんな一大事に、最高責任者である東京電力・清水正孝社長は入院中で、退院や職務復帰の目処は立っていないなんて・・・

[関連商品]

東京電力・帝国の暗黒 [単行本] / 恩田 勝亘 (著); 七つ森書館 (刊)

本日の特選!芸能ニュースはこちらから

 → 芸能ニュース

ここまで読んで頂きありがとうございます。

もし記事を楽しんで頂けたなら、応援して頂けると管理人が喜びます 

人気ブログランキングへ