今回の大震災における日本人の行動が世界から驚きをもって賞賛されている中、あまりにも卑劣な略奪行為が行われているのを見つけてしまいました。

あまりにもショックだったので、ご紹介します。

[関連商品]



DVD 東日本大震災の記録〜3.11宮城〜



(以下引用)

宮城県・仙台の食品等が保管されている倉庫から、カップラーメンやその他の食品などを盗む人たちの姿が、動画として動画共有サイトYouTubeに掲載されている。

この動画には、倉庫を管理しているスタッフの姿も映されているが、そのスタッフの目の前で堂々と略奪行為が行われており、非常に心が痛む動画となっている。スタッフは略奪している人たちを注意せず、ただ呆然とそのようすを見ていた。状況が状況だけに、注意できないのだろう。

倉庫の1階は水浸しになってしまったため、盗まれても仕方ないと思ったようだが、「上(2階)だけはあがってもらいたくないんだけどな。鍵かけたんだけどダメだった……」とも語っており、泥棒に対して釈然としない気持ちをコメントしている。

動画を撮影している間にも複数の人たちが倉庫にやってきており、食品や酒などを盗んでいた。自動車で倉庫に訪れ、どんどんカップラーメンなどの食品を詰め込んでいる人がいた。この動画を撮影している人も、どんどん盗まれていくようすを見ながら葛藤しているのがわかる。

(ロケットニュース)

正直なところ、今は警察の方々を含め治安維持に労力を向けることはできない状況だと思います。

未曽有の国難を皆で乗り切ろうとしている中で、このような卑劣な行為を働く人間が存在することはとても悲しいです。

もちろん、このようなことをするのはほんの一握りの人間だと思いますが、人間としての誇りを持っているならば、すぐに改心して欲しいと思います。

ここまで読んで頂きありがとうございます。

もし記事に賛同して頂けたなら、応援して頂けると管理人が喜びます 

 ⇒ 人気ブログランキングへ