昨年はCD・DVDなど171億6千万円を売り上げて今や飛ぶ鳥を落とす勢いのジャニーズ・嵐ですが、いろいろとスキャンダルが多いですね。

クスリ問題や女性スキャンダルと続いて、お次はお金関係で空中分解しかかっているという噂が流れています。→ ranking

※うちわの作り方も書いてあります[関連商品]

嵐と踊ろう コンサート完全必勝ガイド

嵐と踊ろう コンサート完全必勝ガイド




(以下引用)

順風満帆に見えるだが、水面下では経済格差が原因でメンバー間に微妙な温度差が生じつつある。櫻井翔だけがベラボーな給料をもらっているためだ。櫻井翔は2006年から「NEWS ZERO」で月曜キャスターを担当しており、これだけでもかなりの収入だが、さらにスゴイのが“作詞家”としての稼ぎである。

「櫻井の懐には1~3%の歌唱印税に加え、3%程度の作詞印税が入る。例えば昨年ミリオンを達成したアルバム『僕の見ている風景』には全20曲が収録されていて、櫻井はそのうち6曲のラップの作詞を担当。CD1枚の値段が3800円なので、単純計算で他のメンバーは歌唱印税の3800万円だけですが、櫻井は7000万円近くもらっている計算になる。作詞印税はカラオケ、ライブでも発生するから櫻井の年収は他のメンバーの3~4倍になるはず」

「さらに櫻井は、個人事務所を設立しようと動いているそうです。それが独立を意味するのか、節税対策を目的としているのか現段階ではハッキリしませんが、多少なりともジャニーズとの距離が生まれるのは間違いありません」

(日刊ゲンダイより)

なるほど、作詞家としての印税ですか。

ただ、これはメンバーも承知の上でのことでしょうし、作詞家としての櫻井翔の才能を認めているということでしょう。

嵐に限らず、SMAPやEXILEといったグループではメンバー間の収入格差があるのは当然ですし、稼ぎたければ自分も作詞すればいいだけのこと。

分裂危機というのは大げさだと思いますね。

個人事務所で独立、というのもどうなんでしょうね。

干される危険を冒してまであえて独立することも、ないような気が・・・

栄華を誇ったかーくんだって、



トシちゃんだって。

職業=田原俊彦

職業=田原俊彦
[関連商品]

アイドルの全盛期がいつまでも続くわけではないけれど、その全盛期を知るものからすると、なんともさみしいですよね。

いずれ、の準備はひっそりとしていただいて、今はみんなで仲良くがんばっていてほしいですね。

ここまで読んで頂きありがとうございます。

もし記事を楽しんで頂けたなら、応援して頂けると管理人が喜びます ^^;

 ⇒ 人気ブログランキングへ

【関連情報】

ジャニーズを窮地に陥れる第2の女、倖田梨紗!獄中で書かれる暴露本?

嵐の報道にも見える、ジャニーズ帝国のほころび