昨年末に放送された、『さんま&SMAP 美女と野獣のクリスマスSP』。

マツコさんの「波動砲」ネタあたりから、SMAPのメンバーが嫌いな人、キムタク中居くんの不仲説の真相、しまいには禁断のハゲネタまで、本当に楽しませてもらいました。

あれだけオープンだったのに、実はNG項目があったとか。次項有 ranking

※なかなかアツい言葉です。

[関連商品]

【送料無料選択可】SMAP20周年木村拓哉命の語録/アートブック/編著(単行本・ムック)

【送料無料選択可】SMAP20周年木村拓哉命の語録/アートブック/編著(単行本・ムック)




▼▼▼ 以下引用 ▼▼▼

 「昨年まで、SMAPも含めたジャニーズ事務所のタレントのフォトセッションでは『東京スポーツ』、『週刊文春』、『週刊女性』などいくつかのNG媒体があり、撮影できなかった。ところが、今年は『紅白の関連記事にしか使用しない』という旨で一筆書くことを条件に撮影がOKに。『文春』はグラビアで大々的にSMAPの写真を使っていました」(紅白を取材した記者)

今やSMAPは事務所の後輩・嵐の人気に押されているだけに、いくら天下のキムタクといえどNG事項は減ってきている様子。とはいえ、キムタクが絶対譲らないNG項目があったようだ。

(中略)

 この番組の視聴者の中で不自然に思った方もいるかもしれないが、キムタクとマツコが高校の同期生であることは週刊誌などで報じられている周知の事実で、この日2人は初共演。鋭いトークでおなじみのマツコのこと、”同期ネタ”で場を盛り上げるに違いなかったが、なんとこれがキムタクサイドが出したNG項目だったというのだ。

「当日、楽屋入りした出演者たちに番組スタッフが、『すいません、木村さんとマツコさんが高校の同期生であることはご存じかと思いますが、その話題はNGでお願いします』と頭を下げて回っていたそうです。キムタクの意向というより、周囲が勝手に気をつかってそう配慮しただけだったようです」(日テレ関係者)

▲▲▲ 引用元:サイゾーウーマン ▲▲▲

同じ高校で同期生ではあったけど、まったく面識はない、とのことでしたよね。

それに尾ヒレがついて、「キムタクとマツコは親友だった」なんて噂になっていましたけど。

たぶん、キムタクはぜーんぜん構わなかったと思うんですけど、そうでもないんですかね?

 キムタクは、バラエティーでこそ開花する?

 

それよりワタシが驚いたのは、これまでNG媒体だった『東京スポーツ』、『週刊文春』、『週刊女性』などもフォトセッションに参加した、という所です。

ジャニーズ事務所のスキャンダル報道対策は、カレンダー利権を利用したマスコミ懐柔と言われています。

そして、『週刊文春』といえば、昨年嵐とAYAさんとの赤裸々な関係を報じた週刊誌です。

いくら他社が追従しなかったとはいえ、嵐にとっては打撃だったはず。

そこをあえて、このタイミングでOKににしたというのは、ジャニーズ事務所からの「今年はスキャンダル控えてね」というメッセージだったりして、というのは深読みしすぎでしょうか~(^^;

[関連商品]



【関連情報】

キムタクは、バラエティーでこそ開花する?

ジャニタレのスキャンダル報道が日常になる日が近付いているようです

『嵐を喰った』AYAさん、週刊文春に告白!『相葉雅紀と同棲してた』自殺した牧野田彩さん