2010年度下半期の最新版:タレントCMギャラランキングが公開されました。

アノ人が4000万!?え、アノ人はアノ人よりも低いの??とか、なるほどだからアノ人はCM起用が多いのね、などなど、CM業界の事情がうかがえます。

同時に、「一緒に仕事をしたくないタレント」のイニシャルとその理由もあります。

⇒ 芸能裏話



▼▼▼ 以下引用 ▼▼▼

6日発売の「FLASH」(光文社)が、大手広告代理店の作成したタレントCMギャラランキングを公開している。

 1位:5,000万円

    篠原涼子、菅野美穂、仲間由紀恵、宮崎あおい、吉永小百合、黒木瞳、安室奈美恵

   

安室はロンドンブーツ1号2号の田村淳と熱愛・破局報道で騒がしい一年だったが、広告業界における彼女の価値は変わらずに済んだようである。

 

 2位:4500万円

    藤原紀香

 3位:4000万円

    小泉今日子、柴咲コウ、天海祐希、西野カナ

 西野カナは「ケータイ世代のカリスマ」として代理店からも崇められており、お買い得感を表す「キャスティングお勧め度」は★5つだそうだ。デビューからわずか2年、弱冠21歳でこの評価とは恐れ入った。

 4位:3000万円

    浜崎あゆみ(5,000万円より大幅ダウン)、AKB48、堀北真希、新垣結衣、吉高由里子、上戸彩

長年、CMギャラでトップに近い位置(7,000万前後)をキープしていた松嶋菜々子は2,800万円にまでランクダウンしている。

ほかに「一緒に仕事をしたくないタレント」としてイニシャルとその理由を挙げている。そこには宗教色の強すぎる女性お笑いタレントHや、スキャンダル女優Sなど、業界内ではよく名前の挙がるお馴染みのメンツが多いが、最近評判を落としているのは若手女優に多い、と前出関係者は言う。

「テンションの浮き沈みが激しいことでスタッフに敬遠されがちなU、最近徐々にCMが増えてきたものの、関西時代の素行の悪さで未だに警戒されているTなんかは、大物女優気取りも甚だしい、という声が聞こえてきますね。

三十路タレントになれば、多少の恋愛ネタではクライアントも動じませんが、まだ彼女たちは20代前半なので今後スキャンダルが噴出すればギャラ暴落もあり得る。

食品関係や安全・安心をウリにする保険などの商品には、これからも安定株の4,000~5,000万クラスのタレントが起用されていくでしょう。高い女性人気を必要とする化粧品も同様ですね。

その一方で、近頃爆発的に増加したケータイゲームなどの娯楽商品のCMには、新人や多少ヤンチャなイメージのあるタレントでも起用のチャンスがあるでしょう」(前同)

▲▲▲ ネタ元:メンズサイゾー ▲▲▲

値段の高さは「スキャンダルはない」という保険でもあるのでしょうか。

いいですね~一本で何千万も。

他の仕事と比べれば拘束時間も短いでしょうし、それは事務所はCMの仕事を大事にするし、そのためのイメージ戦略を練るワケですね。

ちなみに、グラビアアイドルは長く芸能界にいるわりにはCM契約数もギャラも伸びないんだそうです。

ということで、安田美沙子さん、ほしのあきさんは新人枠と同額の500万、ベテランの原幹恵さん、磯山さやかさん、川村ゆきえさんは300万円だそうです。

そして「一緒に仕事をしたくないタレント」ですが。

「宗教色~」のHはもちろん久本雅美さんで、スキャンダル女優Sは沢尻エリカさんですね。

テンションうんぬんのUは上野樹里さん、関西時代素行が悪かったTは戸田恵梨香さんのおふたりでしょうか。噂が絶えません

逆に、菅野美穂さんや篠原涼子さん、宮崎あおいさんは、現場での人当たりの良さや真剣に仕事に取り組む姿勢が評価され、「一緒に仕事をしたいタレント」に名前が挙がっているそうです。

視聴者に見えないところでもきちんとしてるっていいですね。

晴れ芸能界の噂はこちら

 ⇒ 芸能広場

 ⇒ 芸能人ブログ全集

 ⇒ 芸能界のう・わ・さ!!

ここまで読んで頂きありがとうございます。

もし記事を楽しんで頂けたなら、応援して頂けると管理人が喜びます

 ⇒ にほんブログ村 芸能裏話・噂

 ⇒ ブログん家 芸能ランキング