Begginer』がミリオンとなり、「AKB48」が流行語大賞にノミネートされ、メンバーが日々メディアに露出し。

今が人気がピークとも言えるAKB48。

でも、ピークということは、あとは下がるだけ?「アイドルの“黄金期”は2年説」によると、ブーム終焉までカウントダウンが始まっているようです。

 ⇒ 芸能裏話





▼▼▼ 以下引用 ▼▼▼

 おニャン子クラブやモーニング娘。の例を見れば明らかだが、アイドルグループの”黄金期”は長くて2年と言われている。古くはキャンディーズも「年下の男の子」でのブレイクから2年で解散宣言。ピンクレディーも、「UFO」「サウスポー」でそれぞれ大賞受賞した2年後に解散を発表している。また、モー娘。を見れば、メンバーを刷新して卒業・加入を繰り返しても、飽きられることは明白だ。アイドルは一時的な”流行”として消費されてきたのである。

「AKBは昨年9月発売のシングル『言い訳Maybe』がデイリーチャート1位を獲得し、以降すべてのシングルがヒットしているが、来夏が正念場だと言える。また、すでに20歳を超えている小嶋陽菜、篠田麻里子、大島優子らと、来年で20歳を迎える前田、板野、高橋みなみ、柏木由紀らが主要メンバーだが、下の世代に彼女らに匹敵するメンバーが育っていないことも懸念材料のひとつ」(前同)

 この記者は、「来年、またも”サプライズ”と称して次々に主要メンバーを卒業させていくのでは」と予想する。

「まずは篠田麻里子が卒業すると言われている。彼女は来年3月の誕生日で25歳を迎える。AKBの中でも飛び抜けた美貌ゆえ、新規のファンがとっつきやすい存在でもある。しかしそれでも、制服を着て歌い踊るのは少々厳しい年齢。実は彼女は芸能界最大手・バーニング事務所系列の事務所に所属しており、藤原紀香の後輩でもある。そのせいもあって、以前からソロでの活躍も多い。(中略)このまま篠田を卒業させ、”元AKB”という肩書を持ちつつ1人のタレントとして成功するロールモデルにしたいと運営側は考えている」(前同)

▲▲▲ ネタ元:メンズサイゾー ▲▲▲

ここのところCDが売れなくて、『Begginer』の前のミリオンセラーはなんと3年2ヶ月前の、『千の風になって』だそうです

 

その時の人気と今の人気はまったく違うから、単純に比較できるものではありませんが、でも例えば大島優子さん、前田敦子さんがソロになった場合、どんな仕事をするかと考えると。。

歌は、個人の歌唱力はちょっとわかりませんよね。だいたいが口パクと言われているし。

 AKB48の口パク決定的瞬間!誰一人歌ってないのに声が・・・

演技の方も、「AKB48」の看板が外れてもオファーが来るかというと、特に前田さんは難しそう。。

 AKB48前田敦子の悪評の数々!!ドラマ『Q10』撮影現場より…

バラエティーも、紳助さんに気に入られれば、ヘキサゴンファミリーでおバカを演じるのもアリかもしれませんが、ヘキサゴンファミリー自体、いつまであるか。。

そうするとやっぱりグラビア系、ですかねえ。

ツートップと言われるお二人でもこんな感じだと、ほかの方々はどうしたらいいんでしょう。

今この忙しさでも薄給だというのに、ブームが終わってサヨウナラ、ではあまりにかわいそうなので、運営側の人たちは、篠田さんを見本にそれぞれの今後を見据えた仕事を獲得してあげてほしいですね。

【関連情報】

芸能ブログ 芸能裏話・噂

AKB48の悲惨な現状!研究生は給料なし、選抜組でも10万円!

AKB48前田敦子が恫喝説教??

ここまで読んで頂きありがとうございます。

もし記事を楽しんで頂けたなら、応援して頂けると管理人が喜びます ^^;

 ⇒ にほんブログ村 芸能裏話・噂