水嶋ヒロ・絢香夫妻が夫婦そろって公式サイトを開設し、ツィッターを開始しましたね。

注目度が高いこともあってフォロワーの数も急増中だそうですが、ふたりとも芸名が『水嶋ヒロ』『絢香』のまま。これは普通なようで普通じゃないことなんだとか。

何でもその裏では、二人が頼りにするある人物の暗躍があったといいます。



▼▼▼ 以下引用 ▼▼▼

 2人の公式サイトはアクセスが集中し閲覧できない人気ぶりだったが、こんな声が聞こえてきた。

 「2人は『水嶋ヒロ』、『絢香』という前所属事務所の芸名をそのまま使っている。例えば、鈴木亜美はデビュー当時から『鈴木あみ』の芸名だったが、前所属事務所やレコード会社と揉め、裁判沙汰にまでなったので『鈴木亜美』に改名して事務所を移籍し活動を再開した」(芸能プロ幹部)

 今年9月、前所属事務所から水嶋の退社が発表された際、水嶋の今後の活動や絢香の退社時期などが事務所の発表と食い違うため、絢香が親交のあるフジテレビ系の情報番組「とくだね!」の司会をつとめる小倉智昭キャスターを通じて反論したこともあっただけに、事務所との確執がうわさされていたのだが…。

 「小倉氏が前の事務所と間に入り“手打ち”をしたようだ。そのおかげで芸名もそのまま使えるようになった。水嶋・絢香夫妻は小倉氏に頭が上がらないだけに、今後、小倉氏を通じて2人のニュースが伝えられることが多くなるだろう」(芸能記者)

 どうやら水嶋・絢香夫妻は小倉氏を“後ろ盾”として全面的に信頼しているようだ。

▲▲▲ 引用元:リアルライブ ▲▲▲

まず、小倉智昭さんにこんな力があったことが驚きです ^^;

水嶋さんも、先日の会見で「円満退社」を強調していましたが・・・

水嶋ヒロ公式サイト

絢香公式サイト

それにしても、芸名にまつわる騒動は昔からありますよね。

まず、芸名騒動の先駆者は加勢大周さん。

芸名でモメて、裁判には勝ったものの日本ではなく台湾に活動拠点を移し再ブレイク。

その後、覚醒剤で逮捕されて、今は芸能界を引退しています。

加勢大周さんが都内でバーテンダーに転身していた

2007年以降急に見なくなってしまった真中瞳さんは、今は「東風万智子」として細々と活動しているようです。

水川あさみさんも、事務所が変わって氷が水になってしまったようです。

[関連商品]

水川あさみ/AB(DVD)

水川あさみ/AB(DVD)


友人の彼氏を平気で寝取るとか、肉食系とかいろいろ言われてますが、やはり問題児なんでしょうか?

やはり芸能人にとって芸名は大事な看板ですから、事務所とモメて止むを得ず変更…というパターンが多いみたいです。

水嶋ヒロ&絢香夫妻は以前と同じ芸名を使えるようですが、それはとてもありがたいことなようです。

【関連情報】

水嶋ヒロ、小説デビュー作で賞金2千万の大賞?!ポプラ社小説大賞とは?