年末の紅白歌合戦の司会が嵐と松下奈緒さんに決まりましたね。白組は福山雅治さんか?とも思われていたようですが。

で、松下奈緒さん。“ゲゲゲの女房”が連ドラ史上久々の高視聴率で終わって絶好調、しかもきれいで音大卒でピアノが弾けて性格も穏やかでとなんとも素敵な女優さんですけど、そんな完璧に見える松下奈緒さんの意外と家庭的でない部分があるそうです。

 ⇒ 芸能裏話

※ゲゲゲの旦那は向井理さん

[関連商品]

ライカム 向井理写真集

ライカム 向井理写真集




ちょっと前のNHK『あさイチ』で、こんなやりとりがありました。

▼▼▼ 以下引用 ▼▼▼

「向井さんはどんな人?」と訊かれた松下は「マイペースな人」

「『ゲゲゲの女房』では二人のシーンが多いのだが、(向井が)居ないなあと思うと、隅の方で漫画を読んでいたり」と向井はかなりマイペースな人のようだ。また、「料理が上手なので、昨日何作ったとかいう話をする。聞いたことのないような(料理の)名前が出てくる」と向井が料理上手であることも明かした。

これに対して向井は「彼女(松下)は、料理をしないからわからないだけ」と別に珍しい料理を作っているわけではなく、松下が料理を知らないだけと言いたげな様子。以前、松下が長いもを切るシーンやカステラを切るシーンがあったそうだ。その時に向井に「下手くそだな」とダメ出しをされたことがあるらしい。

さらに「向井の意外な一面は?」との質問が。この質問に松下からは「子供のあやし方が上手い」との答えが返ってきた。「(松下自身は)子供をあやすのが苦手なので、(向井が)娘役の子と仲良くしているのを見ると、『いいなー』とジェラシーを感じてしまう」ほどだという。

子供のあやし方が上手いかは、自分では意識したことがないという向井。「(確かに)小さい子供や動物にはなつかれやすいが、」と自己分析した。

料理が上手で、子供からも人気。そしてあのさわやかなルックス。世の女性がほっとくわけがない要素が詰まった向井理。マイペースというのも自分を持っているという意味では、悪いことではないだろう。向井の素顔は思った通りの好青年そのままのようである。

ここで気になるのは、向井の“好青年”ぶりに反して、情けない姿を自身で吐露してしまった松下奈緒。料理をしなくて、子供にもなつかれない・・。向井をほめまくる松下と、そんな松下を冷静に分析する向井。意外なギャップが興味深い“ゲゲゲの夫婦”の素顔であった。

▲▲▲ 引用元:Techinsight ▲▲▲

まだ25歳ですしね。

お仕事や音楽で忙しかったでしょうし、お料理は必要がなかったでしょうし、今のところ興味が向いてないのかもしれないですね。

子どもの話は、謙遜もあるかもしれないし。

ただ、子どもにしたら、向井さんの方がなつきやすいかも。

松下奈緒さんはやさしそうなんだけど、クールなきれいさでないですか?

一方、向井理さんは暖かい感じがする。

ちなみに松下奈緒さんは以前は研音に所属していました。

彼女のマネージャーが独立して、一緒にくっついて独立した形みたいです。当時の新社長との確執なんかも噂されてましたが、今こうやって大活躍してるんですから円満退社だったんでしょうね。

そして同じく“会社ごと独立”という形をとったのが平井堅さん。今も研音とはうまくやってるみたいです。

※平井堅さんの名曲をジャズで聴く

[関連商品]

【送料無料選択可】BGM/JAZZで奏でる平井堅作品集

【送料無料選択可】BGM/JAZZで奏でる平井堅作品集


うーん、水嶋ヒロさんはやはり、結婚を焦らずに円満退社に持っていったほうが良かったっぽいですね。

 水嶋ヒロ 突然辞めた本当の理由  

話がずいぶん逸れてしまいましたが、、

とにかく嵐と松下奈緒さんで紅白を盛り上げて欲しいですね。期待しています!