秋の番組改編で、約17年もの間出演してきた“笑っていいとも!”を卒業することになった久本雅美さん。「寿退社したかったんですが……」と笑いながら、ラストでタモリさんから花束を渡されると感無量で抱きついてキスをするなどして、古巣との別れを惜しんでいたみたいですが、そのウラにはいろいろと訳がありそうで…。

さて、何位? ⇒ 芸能裏話  芸能噂話

[関連商品]

イママダ [単行本] / 久本 雅美, 柴田 理恵 (著); マガジンハウス (刊)

イママダ [単行本] / 久本 雅美, 柴田 理恵 (著); マガジンハウス (刊)



▼▼▼ 以下引用 ▼▼▼

 17年半は、同番組の女性出演者として最長。加入時は30代だった久本も、いつの間にか52歳。アラサーとかアラフォーとか言っている場合ではなく、還暦まで指折り数えてあと何年、という年齢にさしかかっている。

 若かりし頃、女であることを”捨てた”かのように見えるほどドギツい下ネタやブスネタ、モテないキャラで大いにお茶の間の共感を得た彼女。好感度はぐんぐん上昇し、バラエティー番組で姿を見ない日はないほどだった。

 ビデオリサーチ社が1973年より毎年2回実施している「テレビタレントイメージ調査」でも一時期は上位にランクインしていた。たとえば、03年夏は山口智子に続いて第2位!で、あの松嶋菜々子や黒木瞳よりも上位につけているのである。翌04年夏も、竹内結子に1位の座を取られたものの2位をキープ。山口智子は3位に陥落した。だが久本も06年春には4位、同年夏は6位、と徐々に順位を下げ、08年夏には18位にまで落ちてしまう。そしてついに、09年春からベスト20位圏外となってしまったのだ。

 元々、タレントはいつまでも”飽きられない”ということの方が難しい。10年夏のランキングでも未だに上位ランクインを果たしている黒木瞳や松嶋菜々子、山口智子らが異常なのかもしれない。しかし、久本雅美は確実にテレビの表舞台から遠ざかりつつあるように見える。

 「07年頃にもウワサになりましたが、政治家への転身を目指しているという話が再び聞こえてきています。久本は熱心な創価学会信者で有名ですから、もちろん所属は公明党。これまでにも、選挙の際には都内だけでなく関西にまで応援演説に駆け付けるほどの熱心さを見せてきましたし、信仰心も厚い。何より、彼女の芸風でこのまま60歳を越えてもテレビタレントを続けていくのは無理があります。そのことは本人も承知しているのでは。ただ、ワハハ本舗の運営はこれからも続けるつもりのようです」(業界関係者)

▲▲▲ 引用元:メンズサイゾー ▲▲▲

久本さんって、本当に熱心な信者みたいですね。「この女は絶対イヤだ!!CM使いたくないランキング!」にもありますけど、楽屋裏ではところ構わず勧誘しまくってるとか…

まあ、今年の参院選ではタレント候補がことごとく惨敗してますので、有名なだけで当選するなんて時代ではなくなってますね。

例えば中畑清さんや堀内恒夫さん、その他こんな方々がみんな落選してますし…

[関連商品]

カルビー 2012プロ野球チップス第1弾 レギュラー 【復刻カード】 M-13 中畑清 (1987年 No.94) (読売ジャイアンツ)

カルビー 2012プロ野球チップス第1弾 レギュラー 【復刻カード】 M-13 中畑清 (1987年 No.94) (読売ジャイアンツ)


谷亮子さんも当選はしましたが、いろいろとバッシングされてましたし…

公明党がこの先さらに追い込まれれば出馬もあり得るかもですが、ワタシ的にはこれからも女性お笑いタレントの先駆者として、お笑いの世界中心で頑張って欲しいと思ってます。。

こちらもどうぞ♪ ⇒ スクープ!エンタメ芸能のツボ 

晴れここまで読んで頂きありがとうございます。

他の報道を確認 ⇒ にほんブログ村 芸能裏話・噂