水嶋ヒロさんは以前、今回のゴタゴタを予言するようなことを言っていたみたいです。今年6月に報道された内容を紹介します。

応援ありがとうございます! ⇒ にほんブログ村 芸能裏話・噂



▼▼▼ 以下引用 ▼▼▼

昨年、歌手・絢香さんと電撃結婚した俳優の水嶋ヒロ。人気と実力を兼ね備えた期待の若手俳優だが、昨年秋放送の月9ドラマ『東京DOGS』以降、ドラマ出演がない。

「夏クールのドラマにもオファーがありましたが、実は事務所が新しい仕事を断っているようです。

というのも、売れっ子の2人が黙って結婚したことで、仕事の予定がだいぶ狂ってしまい、事務所の社長が激怒しているんです。社長は矢田亜希子と結婚を強行して、実質クビとなった押尾学と並べて、“まったく押尾とヒロは…”と嘆いています」(2人の所属事務所・研音に近い芸能関係者)

「周囲に示しもつかないし、今年1年間はすでに契約済みのCMや昨年撮影済みの映画『BECK』などのプロモーション以外は、仕事をさせない意向です。キムタクと共演した『MR.BRAIN』もTBSは映画化したいんですが、それで話が進まない。ただCMオファーには、なぜか『作家になりますので、1年間はCMをやりません』と断っているそうです(笑)」(別の芸能事務所関係者)

実際、水嶋本人も、「昨年秋クールに放送された『東京DOGS』(フジ)の収録では、“オレ、これがドラマ最後になるんです。1年間ホサれるから”と周囲に話していました」(フジテレビ関係者)

※水嶋ヒロさん最後のドラマです

[関連商品]

【送料無料選択可】TVドラマ/東京DOGS ディレクターズカット版 DVD-BOX

【送料無料選択可】TVドラマ/東京DOGS ディレクターズカット版 DVD-BOX


「昨年末に出した写真集も、当初は露出が多い内容になるはずで、事前の宣伝用リリースをもとにスポーツ紙は“恍惚”“お尻丸出し”などと書いた。すると水嶋が“意図しているのと違う”と言い出して、写真を差し替えて1から作り直したそうです。彼曰く、“人の夫になったのに、セクシーなんてありえない”と(笑)。そんなワガママをセーブできないくらい、事務所も水嶋をコントロールできていませんでしたね」(業界関係者)

※これがその写真集です

[関連商品]



「もともと芸能界に執着がないヤツで、かえって新婚生活を楽しめてラッキーくらいに思っているようです。家事もよくこなして“オレが食器を洗っていると、絢香がやりたがって……”と幸せそうですよ。“ニュージーランドあたりにでも家を買って、絢香と静かに暮らしたい”とも話しています。絢香の昨年の印税収入はかなりの額だったようで、当面生活に困ることもないようですから」(知人)

▲▲▲ 引用元:週刊文春(一部加筆) ▲▲▲

やはり、以前から事務所とは完全にもめてしまっていたみたいですね。

本人が“今後1年はホサれる”と言っていたくらいですから、今回のクビ騒動は覚悟というか予期していたのだと思います。

結局、1年どころではすまなかったわけですけど。

▼▼▼ 以下引用 ▼▼▼

「バセドー病を患っている絢香は無期限の療養中だが、ひそかに他の大手芸能プロと接触して研音の怒りを買った。そこで、ジュエリー会社の女社長がバックにつき会社を設立した。水嶋が作詞した曲で絢香が復帰することになりそうだ」(レコード会社関係者)

 復帰すればそれなりに話題になりそうな絢香を手放してしまった研音だが、それには現経営陣との方向性の違いがあったようだ。

 「現在は元俳優の若い社長の体制だが、絢香らを発掘したのは旧経営陣。旧経営陣はそれなりに金になる音楽に力を入れ、大手レコード会社とのパイプを密にし、平井堅やコブクロらをバックアップし、アーティストを多数抱えていた。ところが、旧経営陣に対抗心を燃やす現在の社長が就任するとアーティストをことごとく“リストラ”。おそらく、絢香も現経営陣の“政策”として契約を打ち切られ昨年末で退社したものと思われる」(同)

▲▲▲ 引用元:リアルライブ ▲▲▲

なるほど絢香さんは絢香さんでいろいろあったと。

あれ?でも研音側は、「絢香は在籍中」って言ってるんじゃなかったっけ?

この辺も、なんかスッキリしませんね。

とりあえず、絢香さんとの夫婦仲も良いし、彼女の印税収入だけでも年間数千万はあるでしょうから、水嶋さんが仕事をしなくても十分生活していけるんでしょう。

ニュージーランドあたりで、静かに暮らしたい…というのは、二人の本音が表れている気がしますね、ワタシは。

ただ、これからしばらくは2人で静かに暮らしていくとしても、時間が経って仕事への欲求が復活してきたときが、彼の勝負のときではないでしょか?

絢香さんも彼にゾッコンだし、自分が一生養ってあげるというくらいの気持ちがあったとしても、水嶋さんもそんなヒモみたいな人生はゴメンでしょうから、作家、あるいは俳優として妻以上に成功したいと思う日が来るはずです。

そのとき、今のゴタゴタが障害になってうまくいかなかったりしないことを願うばかりです。

それにしても、せっかく上り調子のこの時期に、もったいないですね…

※追加情報※

研音は絢香さんの退社を認めました(9月25日報道)

こちらもご覧ください。

 ⇒ 絢香が反論!水嶋ヒロは引退しない!!

晴れここまで読んで頂きありがとうございます。

他にも、最新の芸能情報が満載です ⇒ にほんブログ村 芸能裏話・噂

ひらめき今人気のニュースはこちら ⇒ 芸能広場