嵐の非売品の書籍『ニッポンの嵐』。購入希望者殺到だそうですね。

メンバーの気持ちとは裏腹に、お金儲けの手段になってしまうのでしょうか。。

※こちらも限定版です[関連商品]

嵐(大野智 櫻井翔 相葉雅紀 二宮和也 松本潤)/最後の約束 【初回限定版】

嵐(大野智 櫻井翔 相葉雅紀 二宮和也 松本潤)/最後の約束 【初回限定版】




▼▼▼ 以下引用 ▼▼▼

 当初は一般への販売物として予定されていたこの書籍だが、「自分たちの体験や気持ちを次世代の子供たちと共有したい」というメンバーの強い願いから観光庁に協力が依頼され、全国の小・中・高等学校4万校に2冊ずつ、計8万冊が寄贈図書として配布されることが決まったという。

 福祉や介護、農業、環境問題などテーマは堅いものの、メンバーの旅の写真なども大量に掲載された、オールカラー200ページの豪華な内容。

 「非売品」という言葉もファン心をくすぐるのだろうか。人気に乗じたこんな動きも見られ、一部で問題視されていたという。

実はこの本、少し前にオークションで数冊が出品され、取引されていたんです。価格は1冊5~6万円。

もちろん、それでも熱心なファンは手に入れたいですから、あっという間に販売は終了し、今はその履歴さえも消去されています。

 観光庁が直々に各学校に2冊ずつ配布したはずの書籍ですから、どういうルートで漏れ出たのか、いまだに不思議なんですが……」

(熱心な嵐ファン)

 むろん、配布された小中高でもかなりの人気を博しており、「図書館のみでの閲覧」「職員室で管理する」など、異例の対応を迫られている学校も多いという。

▲▲▲ 引用元:サイゾーウーマン ▲▲▲

非売品、確かに魅力的な言葉です。

でもせっかく嵐が(というか事務所が)子どもたちのために無償で寄贈したのに。

ちょっと検索したら・・・ブログにちょこっと画像を貼ってる人が、すぐ見つかりました。

自分の住む国「ニッポン」に興味が沸いていいんじゃないでしょうか。

変なことにならないうちに、一般にも販売すべきでしょうね~