ちょっと古いニュースですが、酒井法子さんが巷の話題をさらっていたのは、もう1年前のことなんですよね…

そして、この人を追求取材していた梨元さんの作品がちょうど一年後の同じ時期に出てきて、でも、もう彼はこの世にいない。

なんか、不思議な感じです。 ⇒ranking



<以下引用>

 8月21日に亡くなった、芸能リポーターの梨元勝さん。追及し続けていた、酒井法子の一連の事件を基にした映画『刹那』が完成した。昨年の8月に覚せい剤取締法違反で逮捕され、執行猶予付きの判決を受けた酒井法子の一連この事件を、梨元さんは著書『酒井法子 隠された素顔』として出版。この映画化となる『刹那』には、梨元さん自身も出演し、あの突撃リポート姿も収録されているとのことだ。27日に開かれた試写会では、笠原正夫監督が「やっとここまで来たよ」などと完成までの苦労を漏らしていた。

 ところが、この映画『刹那』に対し、酒井法子が所属していたサンミュージックが上映中止の抗議をすることが明らかになった。

 「映画化にあたり、『肖像権と映像権の権利はサンミュージックと酒井個人にある、映画化は認めない』とサンミュージックは反対したんですが、梨元さんは『幹部の承諾を得た』と周囲に発言し、それにサンミュージックが激怒したようです」(マスコミ関係者)

 なにやら穏やかでない話だが、この問題についてサンミュージックの関係者はこう話す。

 「梨元さんは、生前に映画にはしないと言っていたんですよ。それなのに、映画がほぼ完成して、関係者向けの試写会が開かれたと聞き驚いてます。上映を中止するように抗議しますよ」

 この作品の試写会は極秘のもとで進められていたが、その理由もサンミュージックと確執を恐れてのことだったのだろう。

 「その後、笠原監督からサンミュージックに上映についてお願いがあったようですが、事務所側は無視してましたからね。酒井も上映を認める気はありません。梨元さんが亡くなったと言っても、その気持ちは変わりません。酒井や事務所関係者の写真や映像を映画中に使用しているなら、抗議です。ことと次第によっては上映中止を求めて法的手段をとるかもしれません」(事務所関係者)

▲▲▲ 以上、サイゾーウーマンから引用 ▲▲▲

内容的にはすでに報道され尽くした感はあるので、新鮮味があるのかどうかは??ですね。

酒井さんは映画化に反対しているみたいですけど、今さらクリーンなイメージを取り戻すのは難しいんじゃないでしょうか。

だったら、これから芸能界に復帰してやっていくわけだし、持ち前のしたたかさを発揮して、なんだかんだと映画にうまく便乗してくるような気もしますが。